The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『中国留学案内①』
2006-08-15 Tue 10:42
先日,友人から中国留学についての質問があった。
このブログを読んでくれている人の中にも,中国留学を考えている人がいるかもしれない。
そこで,今日は中国留学についてのお話。

中国留学の目的は,当然人それぞれ違う。
曉の場合は,中国で法律や経済を勉強したい考えたわけだが,人によっては中国の文化や歴史を学びたい,二胡などの伝統的な楽器を習いたい,中国医学を学びたいという人もいることと思う。
しかし,どのような目的を持つにしろ,中国に留学する以上,まずは中国語をマスターしなければならない。

曉は,留学前,仕事の合間に語学学校に通ったが,高い月謝の割には,中国語のレベルは向上しなかったように思う。
語学のセンスがなかったのか,やはり働きながら一から中国語を勉強することに限界があったのか,理由はよくわからないが,昨年9月に北京に留学したばかりのころは,中国人の友人の助けがなければ,自分の宿舎にたどり着くこともできなかったと思う。
そして,クラス分けの面接のときに,予め想定していたことを聞かれたので,質問にスラスラ答えてしまい,中級のクラスに放り込まれてしまった。
正直言うと,最初の1週間は老師(教師の意)の言っていることなど50%ぐらいしか分からず,往生した。韓国人やインドネシア人とコミュニケーションをとるためには,中国語を使うしかなく,また中国人の友人と一緒に勉強するなかで,徐々に耳がなれ,簡単な日常会話には困らなくなった。
やはり必要に迫られると人間努力するものである。

しかし,だからといって,中国語の知識ゼロの状態で,中国に留学するのもどうかかと思う。
「アー」「イー」「ウー」といった基本的な発音から練習することになり,また初級クラスは授業も老師が英語プラス中国語でゆっくり説明するので,授業の進度はどうしても遅い。
そして,上達のスピードもどうしても遅くなる。
ひと月ほどみっちり基本を学んで,その後はさっさと中国に行って,中国語漬けの生活を送るのがベストではないだろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。