The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『中国人の挨拶』
2006-09-14 Thu 10:11
午後の授業を終え,家に帰ろうと正門に向って歩いていたところ,半年前に知り合ったZ君に会った。
彼も華東政法学院修士課程の研究生。
中国の司法試験は明後日から2日間にわたって行われるのだが,現在彼は弁護士を目指して猛勉強中。最後の追い込みの影響か,Z君の顔色はよくない。

Z君に
「おい,どうだ。元気にしてるか?」
と声をかけると,
「吃飯了マ(口偏に馬)?」(ご飯食べた?の意)との返事。
試験前の苦しさを知る曉は
「そうか,試験前でしんどいのか。すこし飯でも付き合って,励ましてやるか。」と考え,
「よし,ちょっと飯でも食いに行こうか。」と声をかけると,
「試験前だから,あとで清潔な学内の食堂で食べるよ。」(学外の食堂も,一部の店を除き,特に汚くないが,,)とつれない返事。

そうだった,思い出した。
中国語の挨拶が「ニイハオ!」ということは広く知られているが,実は,親しい人に対しては,あまり「ニイハオ!」とは言わない。
「学校に行くの?」とか,「仕事終わったの?」とか,「何処に行くの?」といった呼びかけをするのが一般的。Z君が「ご飯食べた?」と言ったのも,そうした挨拶の一つ。
Z君に
「そうだな,明後日から試験だったな。頑張れよ。」
と励ますと,拳を握り締めてガッツポーズ,二カッと笑って
「絶対,受かってみせる。」と言って立ち去っていった。

日本で,「ご飯食べた?」と聞かれると,
「私はご飯を食べていないんだけど,よかったら一緒に食べない。」という意味に受け取るが,中国ではそれほど深い意味はない。
簡単に言うと,「やあ,元気?」といった程度の挨拶。
だから「どこに行くの?」と聞かれても,「実は,云々の理由で,何処そこに行くところです。」などと答える必要はない。「ちょっと,そこまで。」という受答えでいいのである。中国で実際に生活すると,旅行をしていた時には分からない中国の習慣が見えてくる。
ちょっとした文化習慣の違いなのだが,これが結構面白い。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。