The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『クラスでの自己紹介』
2006-09-25 Mon 16:48
クラスメートのW君から携帯に,午後6時から207号教室にてクラスメート間の自己紹介をするので,来て欲しいとのメールがあった。
先週金曜日,老体に鞭打ち綱引き大会に参加したが,今回も参加。
留学生ということで,自分の出番は最後になることは分かっていたが,いつまでたっても自分の出番が回ってこない。
何故か?
中国人研究生は男女問わず皆饒舌で,一人一人のスピーチが長いのだ。
中には,これまでの苦労を語り,涙を流しながら華東政法学院で勉強できる喜びをクラスメートに訴える者や,漫談師さながら冗談を連発して笑いをとる者もいる。
曉は,どうしたら彼らの印象に残るスピーチをすることができるのかと考えた。
言葉のハンディキャップがある以上,他のクラスメートと同じように,あれこれと面白い話を展開するには無理がある。何を話そうかと考えているうちに,いつの間にか曉の出番となった。
曉の自己紹介に先立って,司会の女の子が,やれ日本の弁護士だとか,やれこの間の綱引き大会で活躍したなどと言って,他のクラスメートに簡単な紹介をしてくれた。

(再現)
「皆さん,こんにちは。長時間,自分の出番を待つ間,ずっと緊張していました。こういうことは,あまり心臓によくありませんね。(笑)」
まずは笑いを取ることができた。順調な滑り出し。
「大学を卒業した後,大阪で働いていました。皆さん,大阪は知っていますか?」
皆,知っているとの返事。反応はすこぶる良い。
「一年半ほど前に,中国で法律を勉強したいと考え,一年前に仕事を休んで中国に来ました。趣味は旅行です。幼いころから中国の文化,特に古代中国の文化に興味があったので,この夏休みは西安,敦煌,トルファン,ウルムチ,そしてカシュガルを旅行しました。」
シルクロードは,中国人がいつかは旅行したいと考えている観光ルート,「オー!」という声とともに少しざわめく。
「どこも,本当に素晴らしいところでした。皆さんが羨ましい。中国には観るべき素晴らしい場所がとても多いですね。」
「中国に来て一年がたちました。しかし,私の中国語のレベルは未だ不十分です。きっと,今後皆さんにご迷惑をおかけすることになるでしょう。そこで,今,前もって皆さんに言っておきます。『申し訳ない。許してね。』。(笑)ありがとう。」
最後も,計算どおり笑いを取ることができた。
先週の綱引き大会と今日の自己紹介で,中国人クラスメートは曉に対してそれなりに親しみを感じてくれたのではないだろうか。
彼らとは,今後永い付き合いになるだろう。
彼らとの交流を通じで,中国人の思考方法及びその根幹にある文化的バックグラウンドというものを学びたい。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。