The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『上海は人材の坩堝』
2006-10-27 Fri 14:36
今日の夜は,好朋友のC律師とゴルフの練習。
前回一緒に練習をしたのは9月7日だから,約1ヶ月半ぶりである。
曉はゴルフ好きだが,中国に来て以来,コースを回ったのは一回きり,練習は専らC律師と陸家嘴(上海ビジネスの中心地)の練習場にいく程度である。
C律師はゴルフを始めて8ヶ月ぐらいであろうか,最初は球筋が不安定で何処に飛ぶのか分からないような状態だったが,今では球筋も安定してきた。
素晴らしい上達ぶりである。
曉は,もともと飛距離だけで,それほど上手くはないのだが,これだけ実戦から遠ざかっていると,楽しいゴルフが山歩き(調子がさらに悪ければ,ゴルフがジョキングと化す。)になるに違いない。

陸家嘴のゴルフ練習場に行くと,C律師が法律顧問を務めるコンサルティング会社の副総経理T氏も来ていた。
T氏は高校卒業後,アメリカの大学に進学し,大学卒業後は日本やアメリカで投資関係の仕事をしていた経歴の持ち主である。
1時間ほどゴルフの練習に汗を流し,その後は三人で練習場の近くの武漢料理の店で少し濃い味付けの料理を味わう。
真面目な話からくだけた話まで会話は大いに盛り上がった。
その談笑の中で,T氏がアメリカの投資顧問会社で働いていたときの話は非常に興味深かった。
どのような話かというと,投資顧問会社は,ある程度長いスパンで投資を行うため,まぐれで大儲けするということはない。
実力主義の世界である。
投資先を徹底的に調べあげ,分析し,その会社の将来性を判断する。
特に重要なのは経営者の資質。
会社がピンチに陥ったとき,経営者がどのような対応をするのか,冷徹にその一挙手一投足を観察する。クライアントから預かった巨額のマネーを運用し,結果は数字となって現れるから誤魔化すことはできない。
T氏は以前愛娘に「お父さんはスーツに着替えると,顔が変わる。」とよく言われたそうだが,投資の世界で生き抜くことは簡単なことではない。出陣する武士が鎧を身にまとうような緊張感があったのではないだろうか。

上海は,世界から様々な人材が集る場所である。
独特の感性を持った人,商売っ気旺盛な人等々,いろいろな人が上海にいる。
しかし,共通して言えることは,皆前向きで上海での生活を楽しんでいるということであろうか。
曉は思う,上海の魅力とは外灘の夜景や浦東の近未来都市的な高層ビル群に尽きるものではない。前向きでアグレッシブな人達との出会い,それが人を惹きつけて止まない上海の魅力の一つではないだろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。