The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『少し早い期末試験』
2006-11-30 Thu 09:44
今日は,曉が華東政法学院で必修科目として受講している法理学の期末試験があった。
今学期は来年の1月6日までなのだが,一昨日クラスメートから今日法理学の試験があるとと連絡があった。
嘘かと思ったが,本当だった。
突然の発表から今日まで2日しかなかったが,出題について,いろいろデマが流れたようだ。今年の司法試験(中国の統一司法考試)の最後の論述問題がそのまま主題されるとか,法律信仰(訳するのが少し難しいが,「遵法精神」といったところか)について出題されるとか云々。
実際の出題は,
①20年間に亘る中国の法制整備過程における中国の法文化と法治主義の関係と
②法律言語の不正確とその解決方法
のいずれか一つを選び,自分で題目と視点を決めて,2時間半で最低2000字の小論文を作成するというものだった。時間の関係もあって,論述のスジを考えて,とにかく書くだけ書いた。
果たして文法的に正確な文章だったのか。自信はない。
この小論文を採点するS教授。読後,少し頭が痛くなるかもしれない。

授業後,学校の近くのデパートの地下のパン屋で,ケーキを買う。
今日は○年前にワイフに出会った日。
異国で夫婦円満に過ごすためには,今日のような記念日を頭に叩き込んで忘れないようにすることが鉄則。
この店は結構人気があり,いつも客で溢れている。お店の売り子さんが目ざとく寄ってきて,一番高いマロンケーキを指差して,これを買えと勧める。
曉が「そんなに大きいのは食べきれないから,この少し小さいのを下さい。」と言うと,「これも,これも,これも美味しくない」(彼女は「不好!(ダメ!の意味)」を連発した。)と言う。
曉は内心「美味しくないなら,商品として陳列するなよ。」と想いつつ,彼女が「これは,まあまあ美味しい。」という少し小ぶりのケーキを買って帰った。
中国の売り子さんは正直だ。
日本の売り子さんのように,「それも悪くないですけど,こちらの方が人気がありますよ。」などという曖昧な言い方はしない。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。