The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『破産法フォーラムに参加』
2007-04-28 Sat 09:45
今日は華東政法大学で行われた「《破産法》実施と破産管理人制度についての研討会」というフォーラムに参加した。
以前曉が執筆した中国企業破産法の論稿をいつもお世話になっているL先生に見てもらったところ,この研討会に参加してみてはどうかと誘われたのがきっかけである。元最高人民法院(日本の最高裁判所に相当)の副院長や企業破産法制定に関わった高名な学者など商法や民事訴訟法のスペシャリストが数多く出席し,報告発表を行った。他の出席者も大半が律師か研究者,ちなみに日本人は曉だけである。

先日制定された物権法は,物の所有・使用,お金の流通(つまり,担保制度の改善によって,融資が円滑化に行われるようになる。)といった市場経済の土台とも言うべき法制度である。そして,破産法は,不採算企業を淘汰し,また再生するという市場経済の循環機能を担う法制度である。中国は,現在の経済発展を失速させないために,市場経済を支えるための法律を次々と制定している。
6月1日から施行される企業破産法によって,管理人制度が始まる。
これまで,中国では,破産といえば,行政部門を中心に清算チームを作って,不採算企業の清算を行っていた。そして,その処理の中で,律師(弁護士)が中心的役割を担うことはなかった。それが,今変わろうとしている。
今日のフォーラムでも,破産管理人(日本法の破産管財人に相当)の地位は?権限は?義務は?等々,様々な角度から発表報告が行われた。
しかし,中国人研究者の発表は,何度聞いても面白い。というのは,発表報告が演説に聞こえるのだ。中国人研究者は,日本人研究者のように淡々と話をするということはまずない。どちらが良い悪いというわけではない。それぞれ持ち味があるにすぎない。
中国で中国法を研究している日本人の曉の場合,ときに淡々と,ときに情を込めて,日中の良いところを取り入れたスタイルで報告発表できるよう日頃から練習しておこう。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『中国の美』
2007-04-24 Tue 14:38
最近親しくさせていただいているM氏に誘われ,今日は虹橋(日本人が多く住む上海の一地域)の柚子という日本料理店で会食。
この会食には,M氏(エネルギーの塊とも言うべき実業家)の外に,M氏の友人K氏(ジェントルマンという言葉がピッタリの某社社長),M氏のビジネスパートナーのW氏(日本留学経験あり,完璧な日本語を話す中国人),I氏とK氏(サービスマナーのコンサルタント)も来ていて,非常に賑やかな楽しいひと時を過ごすことができた。
M氏と会うのは,実は今日が二回目なのだが,M氏も曉もどちらかといえば野獣系だからであろうか,あたかも以前からの知り合いのような感じがする。M氏は何とも不思議な魅力をもった人である。
皆でワイワイガヤガヤと楽しく会食をしていたとき,事件が起こった。それまでの騒がしさは一瞬水を打ったようにシーンと静かになった。何が起こったのかというと,二人のクールビューティが颯爽と現われたのだ。経緯を説明すると,M氏の友人のモデル会社の社長が二人の中国人モデルを連れて現われたのだ。写真左側の女性はコカコーラのCMにも出演したことがあるという売れっ子モデルらしい。

P4170120.jpg


身長は170センチぐらい,曉より背は低いが,悔しいことに曉より足が圧倒的に長い。そして,驚くべきことに,顔が曉の拳骨ほどの大きさしかないのだ(少し大げさだが,,,)。
最近,曉は,ワイフから「体重が増えたんと違う?少し減量しなさい。」と言われては,「骨が他人より太いから,仕方がないねん。」と答え,「イビョンホン(韓国のスター)と同い年とは,とても信じられない。」などと言われては,「俺はモデルでご飯を食べてるわけではないからなあ。」などと言い逃れてきたが,モデルさんを目の前にしてみると,なんか自分が別の生き物のように思えてきた。健康のためにも,少し体を絞ってみようかと最近真面目に考えている。


※上記写真は,モデル会社の社長及び二人のモデルの右隣のK氏の了承を得て,掲載しています。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『可哀相な中国の賃借人』
2007-04-17 Tue 16:19
午後6時から必修科目の「債権法専題研究」に出席。最近親しくしているC君(弁護士業を休業し,曉と同じく華東政法学院研究院で勉強中)の隣に座り,F教授の講義を聴く。これまでは言葉の問題もあって,C君の話を一方的に聞くことが多かったが,最近は中国語で中国人と議論ができるよう,敢えて彼に論戦を挑むようにしている(C君にとっては,迷惑な話ではある。)

今日のテーマは,賃借人の保護。
中国の合同法(契約法)上,賃借人が死亡すると賃貸借契約は終了する。相続人が賃借権を相続することはない。そこで,夫婦二人暮しで,賃借人の夫が不慮の事故で亡くなった場合,未亡人が賃借物件から追い出されるというのは酷ではないか云々と事例を提示し,C君に議論を吹っかけた。「ああだ!こうだ!」と議論した後,C君は言った。
「中国は日本と違って,賃貸借はそれほど発達していない。家は普通買うものだ。だから,未亡人が困ることはない。それに,出て行けといわれても,直ぐに新しい物件を見つけることができるから,問題ない。」
なんか,法律の議論から脱線しているような気もするが,C君が少しエキサイトしてきたので,とりあえず矛を収めることにした。
次回は,何をテーマにして議論しよう。曉がこの議論を毎週楽しみにしていることを,C君は知らない。

東レ経営研究所の「経営センサー」4月号に拙稿「中国倒産法制の改革(行くは易し,去るは険し)」が掲載されました。今後も中国での研究成果を同誌のような雑誌を通じ発表していく予定です。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『民法国際会議Ⅱ』
2007-04-08 Sun 17:18
昨日,特にスーツを着なくてもよいということが分ったので,今日はジャケットにGパンという気軽な格好で参加。昨日同様,8時15分ころ会場に着くと,昨日より参加者が多いように感じた。聞くところによると,午前第一組の中には中国政法大学終身教授の江平先生がいることがその原因らしい。江平先生は,中国で法律を学び研究している人で知らない人はいないという著名な先生である。過去,民法通則,公司法(会社法),信託法の立法にかかわった中国民商法学会の重鎮で,76歳の高齢であるが,矍鑠としている。
報告発表も,短いが,先日公布された物権法の問題点を四つのポイントに絞り,非常に分りやすく説明をされた。質疑応答は,今回の国際会議でもっとも白熱したものとなったが,質問に対して,一つ一つ丁寧に適格に回答されていた。見事と言うしかない。
質疑応答の後は,中国の学者や若い研究生が江平先生の前に殺到し,記念写真をお願いしていた。まるで芸能人であるかのような人気ぶりである。かくいう曉も,ツーショット写真を撮らせていただいた。江平先生は,背は高くないが,非常にがっしりとした厚みのある体をしていた。声もなんとなくドスがきていて,体中からエネルギーが溢れ出ているといった感じだ。「このお方は,怪物だ。」と正直思った。さすが中国,あまたの英傑を生んだ国だけのことはある。優秀な人材はそれこそ星の数ほどいるということか。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『民法国際会議』
2007-04-07 Sat 17:17
今日と明日の二日間,上海華東政法学院にて民法国際会議が開催される。4日ほど前に同国際会議の世話人のZ先生から「仕事を手伝って欲しい。そのかわり,参加費用は支払う必要はないから。」と頼まれたため,微力ながら協力しましょうということになった。上海で働いている,或は留学している知り合いの日本人弁護士にも,この国際会議への参加申込書を送ったが,資料・翻訳と二日間の昼食付きで600元(約9000円),資料・翻訳と二日間の晩餐付きで800元(約1万2000円)という参加費用がネックとなったのか,彼らからの申込みはゼロ。曉は学会でどのような仕事をすればいいのか検討がつかず,3日前から何度もZ先生に連絡をとったのだが,連絡がつかない。とりあえず,何があっても対応できるようにと考え,スーツを着て,会議場である華東政法学院交誼楼に向った。
すると,交誼楼の入口の近くで,曉が一年前に上海に来て以来親しく付き合っている華東政法学院研究生のD君にばったり出会った。彼によると,同学院の学生であれば,資料なしで聞くだけなら無料ということであった(資料等一切なしの傍聴であれば,50元と聞いていたのだが,,,。)。D君と二人で会場に入り,学生に開放されている席に坐っていると,日本からの留学生のO君もやってきた。今回の国際会議の参加者は,ヨーロッパのローマ法研究者が多く,イタリア人が多い。開会のスピーチから,イタリア語だった。とにかく様々な言語が飛び交うので,同時翻訳機が手放せない。しかし,曉のとなりに坐っているO君は,同時通訳機なしで,報告発表に耳を澄ましている。聞くと,「昔,テレビのイタリア語口座を聞いていたことがあって,話していることだったら少し分るのです。」ということだった。やはり,研究者を志す人は違う。
会議の形式は,最初20分ほどの開会セレモニーがあり,その後は適宜休憩を入れながら,
4人一組(司会1名に,発表者3名)で,午前午後2組ずつ演壇に登って発表,そして質疑応答を行うというものだった。曉は,発表者1人当たりの時間が15分というのは,あまりに短いのではないかと思った。O君によると,日本の学界などでは,開会セレモニーの後は,複数の分科会を設け,ある程度人数を絞って議論をするということである。まあ,十数年審議されてきた物権法が先日公布されたということもあるし,今回の国際会議は,若干セレモニー的な要素もあるかもしれない。
日本からは大阪大学のH先生が参加され,日本物権法の近代における発展について報告発表された。物権法が専門ではないとのことだが,質問に時には英語,時にはイタリア語で丁寧に答えられていた。お疲れ様でした。
日本では,ローマ法と言えば,基礎法で,おそらく西洋法制史の一分野という位置づけだと思うが,Z先生の話によると,ヨーロッパではローマ法研究者=民法学であるらしい。日本は西洋の法制を深く理解するためにローマ法を学んだが,西洋では自分たちの法を知り,新たな法制を生み出すために,振り返り研究する対象がローマ法なのだろう。
今日は,発表を終えたH先生と名刺を交換して,少しお話をお聞きして,帰宅。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『法務研究会』
2007-04-05 Thu 17:15
今日は午後7時にケミカル系企業のD社の上海オフィスに行き,法務研究会に出席。議題は近頃公布された物権法の中の担保物権の分野についてで,D社法務部のI氏が発表し,その後は参加者各自が問題点を提起し,議論をした。
この法務研究会は,3年前に上海に留学した大阪の弁護士が中心になって立ち上げたものだが,一時(1年前)参加者が3,4名という存亡の危機に直面した。なんとか冬の時代を乗り越え,今や参加者が15名を越える研究会となった。以前は人数が少ないということもあって,特に幹事などの役職を設けずにきたが,今年1月頃から,この研究会を切り回す役職を設けようということになり,曉が初代幹事に就任した。幹事という役職を設けるにあたって,任期は3ヶ月と取り決めていたので,曉は今日の研究会の終了ともって幹事を勇退した(ただ後任と交代しただけである)。次回勉強会からは,東京から上海に留学しているI先生が幹事として,この研究会を盛り上げていってくれる予定である。
この研究会には,日本の弁護士や日系企業の法務部員だけでなく,中国の律師(弁護士)や律師助理(パラリーガル(弁護士を補助する人))も参加している。議論は活発だし,また研究会後の懇親会も楽しい。曉にとっては,頭の鍛錬とリラックスの場となっている。
大阪では,「曉君は,いつ帰ってくるんだ。もしかして,独立したのか?」などと仰る先生方もいると聞くが,このように曉は真面目に研究しています。ご安心下さい。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『日本からの留学生』
2007-04-03 Tue 11:37
4月1日から華東政法学院に留学しているO君と一緒にお昼を食べた。
彼は東京大学の博士課程で中国法を研究していたのだが,この4月から一年間華東政法学院研究院で中国の民事訴訟法を研究するということらしい。O君と知り合うことになったのは,ある人の紹介を通じて,O君の華東政法学院への入学許可手続をお手伝い(同学院の国際交流処を紹介しただけだが,,,,)することになったためである。
上海での生活について注意すべきことを教えて欲しいと言うので,一緒にお昼を食べながら,曉が一年間それこそ目が点になる思いを何度もしながら修得したノウハウを惜しみなく伝授した。O君はもともと中国向きの性格のようなので,もう大丈夫だ。

彼の研究は法社会学の観点から中国法制を研究するというもの(曉の理解)で,非常に興味深い話を聞くことができた。書店にも一緒に行き,研究の際によく読む本や雑誌などを教えてもらった(いつも素通りしていた本屋の棚に宝物がどっさりだったのだ。)。
年齢は曉よりかなり若いが,知識豊富,独自の視点を持っているお方なので,これからの交流が非常に楽しみだ。
O先生,以後請多多関照!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『蘇州訪問』
2007-04-02 Mon 13:09
昨日,所長が顧問先の二人の社長(戸田氏,田中氏)を伴い上海にやってきた。昨日は観光地を悠長に巡る時間など一切ない,過密なスケジュール。
今日は早朝から車をチャーターして蘇州に向う。
ホテルを午前7時半に出発し,蘇州に到着したのは午前9時ごろ。今日は午前に呉中区経済開発区(以下「経済開発区」),午後に工業園区(いずれも,国内外の企業を誘致する目的で設立された特別区)を視察することになっている。
呉中区経済開発区を視察することができたのは,池田銀行蘇州代表所の宮田さん,大塚さん,そして同所顧問の張学さんの尽力のおかげである。

午前9時40分ごろ同行蘇州代表所を訪問し,大塚さんと張学さんにお会いし,その後経済開発区に案内していただいた。経済開発区管理委員会に到着し,巨大な管理委員会の建物の中に入ると,壁に大きな薄型テレビが掛けられていて,そのスクリーンに「明石法律事務所御一行の皆様,ようこそいらっしゃいました。」の表示。
そうそうに中国式熱烈歓迎のジャブをくらった。中国人はやはり接待が上手い。このままでは,上海に戻るころには骨抜きにされているおそれがある。今回の訪問に応対してくれた方々は,同区招商局王局長,外資誘致局郁副局長,招商局李主任,同局範プロジェクトマネージャーの4名。
幹部クラスが応対に出てくるとは,さすがに驚いた。
郁副局長が先ず我々を案内したのは,畳10畳以上はあろうかという経済開発区のジオラマを展示したプレゼンテーションルーム。プレゼンビデオを見ながら,経済開発区の概要の説明を受けた。
その後は,大きな会議室での補足説明及び質疑応答。
池田銀行蘇州代表所の有能な通訳が同行していたので,中国語で話す必要などないのだが,曉は日頃の成果を試そうと中国語で企業所得税改正の外資企業に対する影響について幾つか質問をした(開発区の皆様,ご迷惑をおかけいたしました)。これまでの外資企業に対する優遇税制はなくなるが,ハイテク企業に対する優遇税制は残る。ハイテク企業に該当するか否かの基準は,全国共通であるため,各開発区が勝手に決めることはできない。質問に対する回答を聞きながら,曉は開発区間の競争はどのような点で差がつくのだろうか,これは一種の護送船団方式ではなかろうかと思った。

質疑応答の後は,会食。
管理委員会の建物内にレストランがあり,その中の一室で郁副局長をはじめとする管理委員会の皆さんと談笑し,蘇州料理を堪能した(途中,王局長が紹興酒の入ったグラスを持って現われ,乾杯をした後,またいずこかに消えた。超多忙な人ということである)。
そこで知った耳よりな情報を一つ。
中国の秋は,上海蟹の季節だが,実はこの蟹の真の名産地は蘇州である。蘇州の陽澄湖と太湖が二大名産地なのだ。また,一般に陽澄湖の蟹の方が太湖の蟹の方が美味しいと言われているが,実際には,陽澄湖は小さい湖で蟹の餌などによって富栄養化し,水質汚染が進んでいるため,最近は太湖の蟹の方が美味しいということである。太湖はとにかく巨大の一言につきる湖であり,水質汚染に対する厳しい規制もあって,蟹の成育環境は陽澄湖よりもよいということである。
これまで,曉がアテンドをした皆様,無知であるが故に陽澄湖産を推薦し,陽澄湖産の蟹を食べさせる店にご案内してしまいました。この場でお詫び申し上げます。

経済開発区管理委員会の会食後,大塚さんと張学さんに案内してもらって,工業園区へ。
この工業園区は中国とシンガポールが合作で造った特別区である。歴史もあり,また規模も大きい。聞くところによると,工業区(工場を誘致するエリア)は8割程既に埋まっているということである。ここで対応していただいたのは,招商局日本処の富さんと張さん。
二人とも流暢な日本語を話すが,特に張さんは7年ほど日本に留学していたということであり,完璧といっていい日本語を話す。
工業園区管理委員会は,2年ほど前に現在の場所に移転したということだが,そのビルはとにかく大きい。経済開発区管理委員会の建物にも驚いたが,ここのビルは比較にならないほど大きい。
分りやすく言うと,形といい大きさといい「東京地裁」にそっくりな建物である。この建物の中の展示室に案内されたのだが,これまでの沿革を説明するパネル,工業園区のジオラマ模型,そして椅子が動く3D試写室等々,まるで遊園地。
プレゼンは重要だが,一民間企業であれば,ここまでお金をかけることはできまい。展示室の後は,経済開発区のときと同様,会議室で質疑応答。曉は工業園区に進出している企業は皆大企業だと考えていたが,中小企業も数多く進出しているということであった。企業の規模より,質が重要であるということであろうか。説明を受け,曉は,工業園区は経済開発区に比し,歴史があるということもあって,既にかなり開発が進んだ特別区という印象を持った。

午後3時,工業園区を後にし,午後5時に所長達が宿泊しているホテルに到着。
今日の晩餐には,所長の弟弁護士にあたる方(おなじ弁護士のもとで修業した方)にもご一緒していただき,新疆料理を食した。新疆料理は,どちらかと言えばトルコ料理に近く,非常にスパイシー。今日のお昼まで,少し甘い上海料理や蘇州料理が続いていただけに,新疆料理には皆とても満足したようだった。
戸田氏が「この羊肉を包んで食べる料理,これはうまい。」と繰り返し言って,せっせと食べているのを見ながら,曉は,次回は,もっと辛い「貴州料理」や「湖南料理」の店に案内しようかなどと頭の中で思いをめぐらせていた(あの辛さに耐えられるだろうか,,,,)。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。