The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『中国の交通事故責任』
2007-05-31 Thu 09:40
法律英語の授業で、アメリカの弁護士であるJ老師がある判例を説明していた。
事案は、警察署が退職した元警官の勤務態度等の情報を誤って記録保存していたために、この元警官はいつまでたっても再就職ができなかった。同警官は元勤務先を相手に訴訟を提起したところ、一審で敗訴したものの、二審で勝訴したというものだった。某州の行政法規上、行政機関は同機関に勤務する職員(公務員)の記録は正確に保存しなければならないという規定があり、これを根拠として被告警察署の過失を認めたケースということであった。
 曉のとなりに坐っていたC君はJ老師に「行政法規は公法(国家機関の規律管理、国家と国民の関係を規律する法律)であり、本件民事訴訟は私法(私人間の権利関係を規律する法律)の問題である。なぜ、行政法規が根拠になるのか?」と質問した。
J老師はあれこれ説明していたが、C君は納得がいかないらしく、「J老師は、英米法は詳しいかもしれないけど、大陸法(ドイツ、フランス系の法体系)のことを知らない。きっと、質問の意味が分からないのだろう。」などと言っていた。
そこで、曉はC君に論戦をふっかけた。
質問の内容は、過失の根拠となる義務は全て法律に定めているのか、×××をしてはいけないという具体的義務の内容は全て法律で定まっているのかといったもの。
曉が言わんとすることは、①不注意で他人の身体、生命、財産を害するという過失責任を論じる場合、前提として△△△の行為をしなければならないのに、それを怠ったと評価することができなければならない。②過失の前提となる具体的義務は、それこそ幾通りもあり、ケースごとに違う。③行政法規は公法ではあるが、過失の前提である具体的義務の内容を特定するには、行政法規も判断材料の一つになるのではないかということである。
C君は曉の問題提起を意味が分らんといった顔で聞き、いつものように自信満々で自己の見解を述べる。曉は、これは例を挙げて具体的に話をした方がよいと考え、交通事故を例にとって話すことにした。
様々なケースを設定して、議論をしていると、C君が、歩行者が突然車道に飛び込んできて、通りかかった自動車が同人を跳ねた場合、自動車の運転手に全く落ち度がなくても、その歩行者に対し賠償責任を免れないというのだ(後で、歩行者が故意に車道に飛び込んだ場合は、自動車の運転者は責任を負わないと言い直していたが、、、)。
そんなバカなと、C君にあれこれ反論していると、著名な学者である梁慧星先生の論稿(「行人違章撞了白撞」)を一度読んでみろという。
家に戻り、インターネットで梁先生の論稿を探して読み、また関連文献を読んでみた。
その結果、分かったことを整理すると、こうなる。
中国では、交通事故の賠償責任に関しては、道路交通安全法が詳細を規定している。
自動車対歩行者の交通事故の場合、原則自動車の運転車は責任を免れない。無過失責任である。
但し、証拠をもって、歩行者が道路交通安全法令に違反し、運転者が必要な措置をとっていたことを証明することができた場合は、責任が軽減する。また、歩行者が当該事故を故意に招いた場合、運転者は当該事故につき責任を負わない。
日本の場合、上記道路交通安全法に相当する法律は「自動車損害賠償保障法」である。自動車損害賠償保障法の場合、歩行者をはねた自動車運転者は①被害者に故意又は過失があること、②自己に過失がないこと、③車輌に欠陥がないことを立証しないかぎり、被害者に対する賠償責任を免れることはできない。
歩行者保護の点では、中国の道路交通安全法と発想を同じくするが、中国の道路交通安全法が自動車運転者の無過失責任を認めているのに対し、日本の自動車損害賠償保障法は過失責任を前提とする。もっとも、同法も運転者に自己に過失がないことの立証を要求し(立証責任の転換)、事実上無過失責任を認めているようなものではあるが、、、。

 中国の道路交通安全法上、歩行者はかなり保護されているはずなのだが、実際の交通情況を見ると、歩行者と自動車は対等である。
何が対等かというと、自動車は歩行者を弱者と見做していないのだ。歩行者が横断歩道を歩いていても、車は僅かな隙間をみつけて突き進んでくる。また、歩行者も車が突っ込んできても、立ち止まることもない。
中国では、下を向いて歩いてはいけない。背筋をピンとして、たえず四方八方に注意を払わないと、いつどこから車が、原動機付自転車が、そして自転車が飛び出してくるか分からないのだ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。