The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『掛け合いの交渉』
2007-07-26 Thu 17:57
今借りているマンションが8月で契約が切れる。
新居を探さなければならないが、まだ時間がある。
じっくり新居を探そうと、とりあえずいろいろな物件を見ることにしたのだが、一昨日いい物件を見つけた。
今借りているマンションは、曉が一人で住まなければならない可能性があったこともあって、少し狭い。中国式の表示では60㎡だが、日本式の表示だと7掛けの43㎡である。
今回の物件は、中国式表示で73㎡、二人で住むには十分なスペースがある。そして、家賃も今住むマンションよりかなり安い。
前の住人はスペイン領事館の職員だったらしいが、かなりきれいに使っている。ワイフは清潔な部屋と雨が降っても洗濯物を干せるテラスが気に入ったようだ。かくいう曉は、寝室にある大きな机と南向きの大きな窓が気に入った。19階にあるため、見晴らしも非常に良い。
ワイフはかなり乗り気だったが、ここは慎重を要する。
後でトラブルが続出するという事態は避けたい。
とりあえず、大家と不動産業者には、「いい物件ですね。」と言って、部屋をあとにしたのだが、複数の夫婦が見学に来ていて、「いい部屋ねえ。」などと言っていた。このまま放置しておけば、間違いなく他人の手に渡る。少し逡巡したが、不動産業者に電話して、契約締結の話を進めてもらうことにした。
こうなると、中国の不動産業者は動きが早い、もう一度会って条件面について話をしようと言っていたにもかかわらず、昨日午前電話をかけてきて、午後6時半にパスポートと3ヶ月分の家賃と保証金(※)を持ってきてくれと言う。
「おいおい、そんなに急いで契約する必要はないよ。もう少し物件を見て確認しないといけない点もあるし、契約条件も詰めないといけない。それに今日言われてもお金を急に用意できない。」と言って、とりあえず今日は物件の確認と継続協議ということにした。
とはいえ、中国の不動産業者は、こちらの意向にお構いなく、ドンドン話を進めるのは明らか。
そこで、曉は切り札を切ることにした。切り札とは、中国の好朋友S氏のことである。このS氏、頭の回転が非常に速く、交渉が上手い。これまで何度も目撃してきたが、交渉を始めると、いつの間にか彼のペースで話が進む。

今回も、不動産屋で大家が来るのを待っていた際、曉がS氏に「契約期間の満了はもう少し先だから、今すぐ引越しをする必要はないんだよ。」というと、彼は不動産業者に聞こえるように大きな声で「そうだな。探せば、いい物件は幾らでも見つかるから、慌てる必要はないよ。」と言う。このジャブを皮切りに、段々とペースはS氏に傾く。不動産業者もS氏が何者か気になるのだろう。
「貴方の姓(名前)は?」と尋ねた。
するとS氏は「俺の名前?俺の名前なんて、どうでもいいじゃない。」と答える。
不動産業者は少し恐縮して「いやいや、何処の出身なのかなあと思ってね。」と出身地を聞く、するとS氏は「江蘇だ。」と適当なことを言う(彼は北方の出身である)。
ペースは完全にS氏が握り、本物件の場所へ移動する間、S氏は不動産業者に、本物件がどういう物件なのか、何か問題はないのかと探りを入れ、そして家賃をもう少し安くしたらどうかと交渉していた。
 午後7時過ぎに本物件に到着すると、大家と大家側の不動産業者も来ていた。S氏も本物件を見て、悪くないという印象を持ったようだ。
曉が「寝室にエアコンがあるけど、リビングにはないなあ。冬は寒そうだなあ。」と言うと、S氏は大家に「リビングにエアコンがないと、夏は暑いし、冬は寒くてたまらないよ。リビングにもエアコンをつけてやれよ。」と言い、曉がふと隣室に行くと、大家に曉が如何にいい人かを語り(かなり大げさに)、家賃を安くしてやれと迫る。褒めてくれるのは、結構なのだが、「曉さんは、今は華東政法大学の研究院で勉強しているが、日本では有名な弁護士なんだ。」とまで言う。

誰が日本で有名な弁護士なんだ?

さすがの曉も「おいおい、それは褒めすぎだ。」と突っ込まざるをえなかった。
S氏の活躍で、リビングにエアコンをつけてもらい、ADSL回線を引いてもらい、そのうえ家賃もさらに安くしてもらうことができた。聞くところによると、上海の賃貸物件には、中国人価格と外国人価格があり、150㎡クラスのマンションの場合、仮に中国人価格が8000元だとすると、外国人価格は11000元ぐらいになるという。借主の物価感覚の違いが影響しているのかもしれないが、一般的に部屋をきれいに使うと言われる日本人や韓国人に対しては逆に安く貸して然るべきではないかとも思う。企業の駐在員の場合は、会社が家賃を負担するので、とくに値段交渉をする必要はない。曉のように、中国人より安い値段で部屋を借りようとする日本人は珍しいのかもしれない。きっと、今回仲介してくれた不動産業者は思ったに違いない。渋ちんな日本人もいるものだと。

※ 中国では、家賃は3ヶ月ごとに前払いするのが通常であり、保証金(敷金)は家賃の1ヶ月分である。そして礼金を支払う習慣はない。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『中国人女性の強さは筋金入り』
2007-07-25 Wed 15:24
Mコンサルティングに出社するため、曉は今日も地下鉄の中で押し競まんじゅう。
あまりの人の多さに身動きすらできない。
そうした状況下、事件は起こった。
突然、ある女性が近くにいた男性に文句を言い出したのだ。上海語らしき言葉をまくし立てるので、何を言っているのか分からない。もしかしたら、痴漢云々と体に触れたことに腹を立てていたのかもしれない。当初、その男性はニヤニヤ笑いながら、はぐらかすような口調で対応していたのだが、言われたことがよっぽど頭にきたのか、いきなり女性の顔を殴りつけた。動きにくい情況下とはいえ、拳で殴ったものだから、女性の頬には赤い痣のような痕が残った。
この女性、殴られると、さらに激しく食って掛かる。
まわりの乗客は、「おいおい、やめろよ。」とか、「殴ることはないだろう。」とか口には出すものの、止めはしない。男の方は、どうにも我慢ならんといった様子で、怒鳴り散らし、さらには二発ほど平手で女性の頭を張り飛ばした。
男のとなりにいた乗客が見かねて、男をその女性から引き離し、事なきを得たが、女性が下車するまで、双方の舌戦は続いた。
不自然な姿勢を強いられるほど混み合う朝の通勤列車の中で、よくもあんな喧嘩ができるものである。
以前、大阪のミナミで一人の男性を巡って、白昼二人のホステスがつかみ合いの大喧嘩をしているのを目撃したことがあるが、中国では男性と女性の無差別級の闘いも有り得るのである。
中国の女性が皆今朝遭遇した女性のように向う意気が強いというわけでもないのだろうが、久しぶりにすごいものを曉は見た。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『広告に偽りあり』
2007-07-22 Sun 09:37
午後からワイフを伴い不動産屋を回る。
大通りに面した不動産屋は、少し高級な物件を中心に取り扱っているので、清潔で、それなりに広くて、家賃も安くてなどと我儘としか言いようのない条件を提示する曉は招かざる客である。慌てて引越先を決める必要もないので、今日は少し路地に入ったところにある比較的小さい不動産屋に行ってみた。

まずA房産(不動産屋の意)、職員は皆若く、4~5人はいただろうか。服装はラフで、正直なところ、店の雰囲気がよくない。
表に張り出していた物件を見たいと言うと「大家に連絡をとったが、連絡がとれない。近くに他のいい物件があるから、そちらを見に行こう。」と言う(後で分ったが、これもオトリ広告だと思う。その物件の大家とは永遠に連絡がとれないに違いない。)。ガラがあまりよくないので、良い物件が見つかったら、連絡してくれと言い残し、早々に退散。

次にA房産から目と鼻の先にあるB 房産。
やはり入口には、売却物件、賃貸物件の広告が張り出してある。これはと思う物件が二つ三つあったので、事務所の中に入ってみた。中には、きちんとした身なりの愛想のいい小父さんいて、曉が探している物件の条件をニコニコ笑いながら聞く。曉が入口に張り出してある物件を見たいと言うと、「あれはねえ。トイレとバスルームの内装ができてないんだ。」とか、「この物件は内装がきちんとできていないんだ。」などと言う。
表の広告には、「内装済み」と書いてあるのに、何故だろう?合点がいかない。
小父さんは張り切って、あちこちに電話して、曉が言った条件よりも少し高めの物件の大家に連絡をとっている。その間、曉が「とりあえず、中を見せてくれ。」としつこく言っていると、この小父さん、ニコッと笑って「あの張り紙は、大体幾らぐらいの物件があるか知ってもらうためのもので、実際には全部ない。つまり、広告なんだ。」と言う。
小父さん、それは、広告は広告でも、虚偽広告って言うんだよ。
オトリの広告があることぐらいは知ってはいたが、張り出してある広告のほとんどがオトリとは、さすがに曉も驚いた(他の店は違うのかもしれないが、、、、)。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『中国はリサイクル社会?』
2007-07-19 Thu 15:37
華東政法大学の研究生教育院(つまり大学院)は8月末まで夏休みのため、曉は毎朝バスと地下鉄を乗り継いで、Mコンサルティングに出社している。
地下鉄の乗る際には、駅構内にて無料で配布されている新聞(「時代報」)を手に取り、記事に目を通す。周りに目をやると、出勤途中のサラリーマンやOLは、大体この時代報を読んでいる。ページ数もそれほど多くなく、スポーツや芸能関係の記事も多く、気軽に読めることもあって、かなり人気がある。

目的の駅で地下鉄を降り、改札口を出ると、そこには読み終えた時代報を回収しているオバサンやオジサンがいる。この時代報の回収競争はなかなか激しい。オバサン達はそれぞれ縄張りを持っていて、4~5メートルほど離れて立ち、共倒れにならないようパワーバランスを保っていたのだが、何処にも横紙破りをする人はいるものである。
曉が毎朝下車する駅に、少し仲の悪いオジサンとオバサンがいて、あるときオバサンが自分の縄張りを離れて、そのオジサンの前に陣取って時代報を回収し始めたから大変。オジサンは真っ赤な顔をして怒り(上海語のため、何を言っているかは分からない。)、オバサンが受取った新聞紙を横から奪い取るという暴挙に出た。後はエスカレートする一方、罵り合いながら、相手が一歩前にでたら、自分は二歩前進し、相手が二歩前進したら、自分は三歩前に出るといった具合に、どんどん前にやってきて、改札口の間近まで来て、時代報を奪い合っている。
オジサン、オバサン、元気なのは何よりだけど、そんなに前に出て来て立ちはだかったら、僕達改札の外に出られないよ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『上海の夏はザリガニのシーズン』
2007-07-17 Tue 14:01
中国人の友人が、夏はザリガニのシーズンで、とにかく美味しいから一度食べてみろという。曉は田舎育ちで、田圃の水路でスルメを餌にザリガニを釣った経験はあるが、食べたことは一度もない。幼い子供は残酷で、釣ったザリガニを玩具代りにして遊ぶものだから、可哀想なザリガニは衰弱して死んでしまう。その死臭の記憶が鮮明に残っていることもあって、上海に来て1年半、ザリガニはずっと敬遠してきた(安くて美味しいものは、他に幾らでもある)。
しかし、食わず嫌いはよくない。一度試してみようと思い、東大大学院の研究生M君とワイフの3人で、ザリガニを食べて行くことにした。

ザリガニは中国語では「小龍蝦」と書く、イセエビが「龍蝦」なので、言葉の意味としては小さいイセエビということになる。こういうと、何か大そうなご馳走のようだが、実際は非常に大衆的な食べ物で、あちこちにザリガニの露店が出ている。
きちんとした門構えの店であれば、衛生的にも問題はなかろうと、華東師範大学の近くにある中華料理店に行き、一般的な中華料理とともに、ザリガニを500g注文した。
すると、5分もたたないうちに、皿にドッサリ盛られた真っ赤なザリガニが運ばれてきた。皿の上は、もうザリガニ、ザリガニ、ザリガニといった感じで、30匹以上のザリガニが盛られていた。味の方は、甘辛く炒められていて、ビールによく合う。病み付きになる味というわけでもなかったが、中国人が美味しいという意味は分った。
しかし、このザリガニ、どこで獲っているのであろうか。それとも、養殖しているのだろうか。
上海郊外には、沼や水路が多いから、いくらでも獲れるのかもしれない。
中国で生活していると、豊かさを追い求めるあまり、環境や衛生面に対する注意が十分に行き届いていないのではないかと思うときがある。
ザリガニのようなものも、本来あまり食べない方がよいのかもしれない。衣はどんなに劣悪なものでも、健康に与える影響はないが、食は体の中にものを入れるために、健康に直接影響する。
中国で生活していると、食の安全に対する意識は自ずと高まるように思う。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『中国は日本よりも市場主義?』
2007-07-15 Sun 16:37
夕方涼しくなってから、近くの不動産仲介業者にふらっと立ち寄り、そこそこ広くて、汚くなくて、且つ家賃が安い物件はないかと聞いてみた。
大通り沿いの高層マンションはなんと言っても家賃が高い。
いつ引越するのかと聞かれたので、8月下旬ごろと答えると、「早すぎる。まだ家を探す時期ではない。」とのこと。
確かに、中国では、物件を見て、気に入ったら直ぐ契約して、そのまま入居ということが多い。大家としてみれば、とにかく誰かに入ってもらってお金を払ってもらいたいと考えるし、賃借人にしてみれば、間を空けると、気付いたときには別人が入居してしまっているというおそれがあるためである。曉もそうした中国の実情は知ってはいたが、最近の賃料相場が気になり、あちこち徘徊して調査し、仲介業者から最近の情報を入手しようとした次第。
中国の相場のアップダウンは日本よりも激しい。同じ規模同じ築年数のマンションでも、少し路地に入ったり、下町に近かったりすると、ガクンと値が落ちる。
曉の現在の住いは60㎡(日本式の面積表示であれば、7掛けの42㎡)で、月の家賃が○○○○元(日系企業の駐在員が住むマンションの場合、額は同じだが、通貨単位が「元」ではなく、「ドル」ということがある。)だが、少し路地に入っただけで同じ家賃で80㎡(実質56㎡)のマンションが貸し出されている。そして、築10年ぐらいの物件になると、100㎡(実質70㎡)のマンションが同じ金額で貸しに出されている。こうした現象は、別に中国だけのものではなく、日本でもよくあることだが、中国の場合(正確には上海だが)、値の上下がそれこそ容赦無用といった感じで何の抑制も働いていないのではないかと思う。

しばらく前、不動産投資が活況を呈し、中国政府は外国投資家の中国の不動産に対する直接投資を規制した。その後、空前の株式ブームとなり、ねこも杓子も株、株、株という情況になったが(このブログを書いている最中にも電話がなり、電話に出ると、見ず知らずの女性が株はいらないかと言ってきた。)、その影で不動産価格がまた上昇し始めているらしい。
今回、曉の大家は、契約期間を延長するといいながら、マンションを売却の準備を進めていたが、その背景には不動産価格の再上昇があったのではないかと思う。お金が無くては、人間生活していけないのは事実だが、持ちなれない金額をもったがゆえに、人生を狂わされてしまうということもある。個人も企業も、先ずは本業に励むことが大事、財テクはあくまで余力ですべきことなのではないかと思う。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『中国における合意の意味』
2007-07-01 Sun 17:17
曉が今賃借しているマンションは8月末で契約期間が満了する。なかなか良い物件なので、大家と交渉し、さらに1年契約期間を延長することにした。ところが、契約期間延長の確認書を作って、返信用封筒を同封して大家に郵送したのだが、いつまでたっても署名済みの確認書が届かない。それどころか、最近部屋を見せてくれと不動産仲介業者が客を連れて頻繁にやってくる。
おかしい。
契約期間を延長すると言う一方、曉たちが住んでいる部屋を売却しようとしているのではないだろうか。大家にメールを送るも返事がない。
大家は上海人でないため、直接会って話をすることはできないし、電話だと6割ぐらいしか大家の言っていることは分からない(地方に行くと、まだまだ普通話(中国の共通語)を十分に話せない人がいるのだ。)。いつまでも不安定な状態が続くのは精神的にもよろしくない。
中国人の好朋友であるSさん(曉が上海にやってきたばかりのころ、続出するトラブルを曉と一緒に処理してくれた恩人)に頼んで、大家と話をしてもらった。
結果は曉が想定していた通り。
大家としては、曉達が住んでいる部屋を売却したいが売れるかどうか分からない。
売れないのであれば、引き続き曉達に住んでほしいが、売れるのであれば、曉が送付した確認書にサインしてしまうと、違約責任を負うことになる。そのため、曉の問合わせに答えることができなかったというのだ。おいおい、口頭ではあるが、契約期間の延長を合意した以上、合意の効力はあるんだぞ。
日本にいたころの曉であれば、「何を言っているんや!この間、合意したやろ。どないしてくれんのや。」ぐらいのことは言ったかもしれないが、ここは中国である。
曉もいろいろ経験を積み、対処方法を身につけた。
とにかく、生じた目の前のトラブルに拘泥してはならない、感情的になってはいけない、その後どうするかということを考えることが重要である。
曉が上海に来て、あと2ヶ月で1年半になる。
この間、トラブル処理能力は確実にアップしているのではないかと思う。過去に拘泥せず、スピーディーにトラブルを解決する感覚は、言葉にすることは難しいが、「さばく」という感覚である。
ということで、契約期間の延長はとりやめ、物件を探すことにした。
新しいオーナーとの契約交渉、1年半前に一度経験しているので、今回はもっと上手く交渉できるのではないかと思う。
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。