The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『便りのないのは良い知らせ?』
2007-11-15 Thu 17:13
先日,中国人の友人S君,日本人の友人O君とワイフの4人で,「老洋房花園飯店」という中華レストランに行った。
曉の三十ウン歳の誕生日のお祝いに,S君がお店を予約してくれたのだ。
この老洋房,1930年代,上海の裏社会を支配した杜月笙の4番目の奥さんの住まいだったことで有名である。建物は洋式で,オールド上海の雰囲気が色濃く残っている。雰囲気良し,料理良し,お勧めの中華レストランである。ちなみに,オールド上海の香りを残す人気ホテル,東湖ホテルは杜月笙の旧邸宅である。高級ホテルが邸宅で,高級レストランが四番目の奥さんの住まい。なんとも豪勢な話ではある。
曉の場合,奥さんは当然一人で,住まいは月額2900元の賃貸マンションである。立って半畳,寝て一畳,天下とっても二合半。
人間,生きていくために本当に必要なものは,それほど多くはない。
身軽な生活が一番。曉は今も昔もこう考えている(こう考えざるを得ないだけだが,,,)。

神戸市在住のTさん(格好をつけて,イニシャルで書いたが,丈母である)から,「最近,ブログが更新されていないけど,体調を崩して,寝込んでのとちがう?」との連絡をいただいた。
ご心配をおかけしました。最近,ブログをアップする時間がなかっただけです。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。