The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ある師の死』
2007-12-23 Sun 15:53
伯父の葬儀に参列した。
伯父と言っても家内の伯父で,本来であれば,頻繁に自宅に遊びにいくといった間柄ではないのかもしれない。
しかし,大きな声,圧倒的な存在感,深い学識,鋭い洞察力と,会うたびにそのスケールの大きな話に魅了され,曉は東京に行く用事があるたびに伯父宅を訪問した。
格があまりに違うので,対話にならない。
伯母さんの美味しい手料理を味わいながら,酒を飲み,ひたすら伯父の話を聞くのである。午後6時ごろから始まって深夜1時,2時ということもあった(そして,翌朝は午前9時ごろから曉が暇乞いするまで続く)。
不思議なことに人生の転機には,かならずと言っていいほど東京出張の予定が入り,そして伯父宅を訪れていた。悩みを直接伯父に相談するということはなかったが,伯父は曉が置かれていた状況を察し,悩みを解決するヒントをくれた。
そうした優しい人だった。
伯父の人生は,それこそ戦いつづけた人生だった。
非正規の社員として物流会社に入り,猛烈に働いて出世し,まだ物流という言葉が一般的でなかったころに物流の専門家として頭角を現した。
国鉄改革では,大きな役割をにない,その後は某企業グループの総帥から三顧の礼をもって迎えられ,グループ企業の再建の陣頭指揮を執った。
一方,地域社会の活性化にも取り組み,地域の各種委員会の委員長に就任し,コミュニティーバスを立ち上げるなど獅子奮迅の働きをした。そうした伯父の葬儀には,政官財の大物だけでなく,伯父を慕う地域の住人も大勢参列した。
曉の結婚式の際,伯父は新婦親族代表として挨拶した。
その時,伯父は「男は強くなければ生きていけない。優しくなければ生きる資格はない。」というレイモンド・チャンドラーの小説の一説を引用した。伯父はこの言葉が好きで,よく口にしたが,その言葉は伯父の生き様を体現していたように思う。
今も曉の頭にあの大きな声がこだましている。
「曉君,君はその程度か。弱いなあ。そんなんじゃ生きていけないよ。」と。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『日中交流会』
2007-12-19 Wed 15:45
本日午後6時半から約2時間,中山公園の近くの上海城大酒家にて,日中交流会が開催された。
こう書くと,曉も参加したようだが,伯父の葬儀に参列するため,昨日から日本にいる。伯父(家内の伯父)からは多くのことを学んだ。曉にとっては,伯父というよりも,師匠というべきかもしれない。その師匠の葬儀にはどうしても参列したかった。ものごとには優先順位がある。交流会に参加できないのは残念だが仕方がない。
この交流会,前々からいつか実行しようと温めていた企画で,中国の学生・研究生に,日本を,日本企業を,そして日本の法律家を知ってもらおうというものである。
中国の学生は優秀だが,まだ若く,社会の現実や国外のことを知らない。
これから進路を決めようとする彼らに有益な情報を提供できないだろうかと考えていたときに想い付いた。
N弁護士,I弁護士,M君など日頃親しくしている人に相談したところ,「面白い。ぜひやろう!」と心強い後押しを得て,それから企画を具体化し,日時を決め,開催場所を確保するなど奔走した。
参加者は,華東政法大学の先生,同大学の研究生(大学院生),日本人弁護士及び中国人律師等々。会食前に,華東政法大学の先生や中国人律師の方にスピーチをしていただいた。
中国人律師には,日頃日本業務を行う上で,外国人とどのように接し,或は力を合わせて仕事をしているかということに焦点をあててスピーチするようお願いした。
この交流会が実りの多いものとなったかどうか,気になって気になって仕方がなかったのだが,参加した日本と中国の友人から,それぞれ連絡があった。
「非常に良かった。成功だ。安心して下さい。」
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『お客様は神様?』
2007-12-11 Tue 10:23
毎月1回,上海在住の弁護士や法務マンを中心に勉強会を行っている。
今月は12月ということで,勉強会後,忘年会を行った。
上海ではAという日本式居酒屋がよく知られているが,いつもAでは面白くなかろうということで,陸家嘴のショッピングモールの中にある日本式居酒屋Bを予約し,Bで忘年会を行うことにした。勉強会が終わったのは午後8時40分,Bには午後9時ごろ入店した。
インターネットで調べたときには,ラストオーダーは午後10時だったはずなのだが,午後9時20分ごろ店員がやってきて,ラストオーダーは午後9時半であること,支払いはラストオーダー後すぐにして欲しいと要求してきた。
忘年会に参加した勉強会のメンバーは一同冷や水をぶっかけられたような思いをいだき,反論続出。蜂の巣を突付いたような騒ぎとなった。
閉店時間は午後11時なのだが,店員は午後9時40分ごろまでに今日一日の売上を計算してしまいたいと考えているようだった。日本人の感覚からすると,閉店後に当日の売上を計算するのが常識だと思うのだが,今回利用したBの店員はそう考えていないようだ。
料理の味は悪くないのだが,入店した午後9時の時点で,お客はまばら。
客が少ないから,店員自身の都合を客に押し付けるのか,それとも逆に店員側の都合を押し付けるから客が減るのか,そこはよくわからない。
しかし,中国のごく普通の料理店でも,食事の最中に支払を要求されたことはない。
飲食業界の競争は,ここ上海でも非常に厳しい。
陸家嘴のB,大丈夫だろうか。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。