The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『上海の冬景色』
2008-01-26 Sat 09:41
上海の冬は寒いが,ほとんど雪は降らない。
しかし,今日は珍しく雪が降った。
朝からずっと資料を読み,整理していたため,気づくのが遅れたのだが,昼過ぎ「今日は冷え込むなあ。」と窓を開けて外を見ると,そこは銀世界。
積雪とまでは言えないが,建物の屋根や車のボンネットに,薄っすら雪が積もっていた。
戌年の曉は,雪を見ると,家の中でジッとしていることはできない。
資料を持って,外に出た。
特に行きたい場所があるわけではない。
とりあえず,20分ほど歩いて近くのスターバックス(中国語では,「星巴克」)に行った。
雪が降る中(といっても,みぞれだが,,,),コーヒーを飲み,日本の労働法関連の判決を読む。
優雅と言えるかどうかは分らないが,2時間ほど,心休まる時間を過ごすことができた。

上海冬景色
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『英国朋友,来了。』
2008-01-20 Sun 09:25
ワイフの交友範囲は既に曉を凌駕している。
中国人,韓国人だけでなく,最近はイタリア人,フランス人,イギリス人,オーストラリア人とも仲良くしている。
今晩は,イギリス人のIさんがボーイフレンドのTさん(中国に来る際にヒースロー空港で知りあったというイギリス人)を連れて,我家にやって来た。
彼らに日本の家庭料理を知ってもらおうと,ワイフは前日から相当な張り切りようで,今日の献立は,①豆腐サラダ,②ポテトサラダ,③ごぼうのキンピラ④茄子の味噌炒め,④鶏の唐揚げ,⑤ちらし寿司,⑥抹茶と和菓子という内容。
キンピラはどうも口に合わなかったようだが,それ以外は完食,好評だった。
曉も頑張った。ビールはギネスにし,和菓子は静安寺の久光百貨店の地下食品売り場で選んだ一品。
また,たまたま久光百貨店で「もちクリーム」というデザートが臨時の店舗で売られているのを発見。
実は,この「もちクリーム」,友人のM氏を通じて知り合ったEさんが開発した商品で,日本全国のデパート(約150店舗)で,今も非常に良く売れている商品である。
Iさん達に,この和洋折衷のお菓子も味わってもらおうと一箱買って家に帰った。
話題は,中国の話から,イギリスの習慣や文化の話にまで及び,非常に楽しいひと時を過ごすことができた。
ワイフは来月イタリア人の友人を家に招待しようと計画しているようである。
となると,曉の次回のミッションは美味しいイタリアのビールとワインを探し出すことになりそうである。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
『鶏の干物』
2008-01-18 Fri 09:21
朝,気持ちよく目覚め,ベランダに面した窓のカーテンを開けると,目の前に何かがぶら下がっている。
よく見ると,鶏だ(写真)。

010818鶏の開き


毛をむしりとられ,内臓を抜き取られた鶏が洗濯物と一緒に仲良く日光浴をしている。
魚の干物は見たことはあるが,鶏の干物ははじめて見た。
どうやって食べるのだろうか。何かのダシにするのだろうか。
もうすぐ旧正月,となりの老夫婦の家にも子供達がワイワイとやって来る。
きっとその時のご馳走の一つが,この干物なのだろう。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『久しぶりの北京』
2008-01-10 Thu 19:24
用事があり,昨日久しぶりに北京にやってきた。
お昼は,北京留学中お世話になったL先生夫妻のお宅に伺い,特製の水餃子をご馳走になった。上海にも東北菜(遼寧省,吉林省,黒龍江省などの中国東北地方の料理)のお店は少なくないが,美味しい水餃子を食べさせる店は少ない。久しぶりに本場の水餃子を味わうことができた。
L先生夫妻と旧交を温めた後は,社会科学院に行き,Y先生にお会いした。
Y先生は,曉が北京留学中,何かとお世話をしてくれた人で,曉が敬愛する学者の一人である。
最近の中国の立法情況についてお話をお聞きすることができた。
その後,空港に向かう途中,大学の後輩が働いているコンサルティング会社に立ち寄った。その会社は北京の銀座とも言うべき王府井の近くにあり,オフィスは非常に立派だった。元気そうに働いている姿を見て安心した。
今年は北京オリンピックの年である。タクシーで移動中,鳥の巣のようなメイン競技場が目に飛び込んできた。猛烈なスピードで発展する中国,危うさも内包しながら,今後ますますアジア,そして世界の中で存在感を高めていくことは間違いない。
日本はこの隣人とどのように付き合っていけばいいのか。
中国人と机を並べ法律を学んだという経験を活かし,日中間にまたがる問題に,微力ながら貢献したいという想いを抱きつつ,曉は北京をあとにした。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『元旦』
2008-01-01 Tue 19:23
中国に来て早いもので,3回目の正月を迎えた。
ワイフと一緒に玉仏寺に初詣に行った。
昨年同様,大きな線香を買い,火をつけ,額の高さに線香を掲げ,四方に向かってお祈りをした。
今年はどのような年になるだろうか。夏には大学院の授業が終了する。その後は修士論文を書かなければならないものの,弁護士として日中間の各種法律問題に取り組むつもりだ。
知れば知るほど,中国は奥が深い国だと思う。
それは歴史や文化の側面だけでなく,中国人の思考方法自体も非常に奥が深いように思う。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。