The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『情人節』
2008-02-14 Thu 16:33
情人節とは何か?
バレンタイン・デイのことである。
昨年のブログで,中国のバレンタイン・デイでは,男性が女性に花束を贈るものであり,男性が女性からチョコレートをもらうなどという慣習がないことをお話ししたと思う。
これに加えて,中国には,日本のホワイト・デイにあたるような日はなく,男性が女性から御返しをもらう機会はない。この点,非常に不公平である。

それはさておき,「のだめカンタービレ」という音大を舞台にしたドラマをご存知だろうか。
このドラマ,中国でもなかなか人気があったようで,情人節の14日,上海大劇院で「のだめカンタービレ交響曲」というコンサートが開催された。
二週間ほど前,曉が東方早報という中国の朝刊を読んでいたときに,このコンサートの宣伝を見つけ,割とポピュラーなクラッシックを聴くことができるのではないかと思い,ネットでチケットを購入し,ワイフと一緒に出かけることにした。
チケットの値段は,一等席で1万3000円程度,曉が買ったチケットは約1500円(100人民元)。中国の音楽事情が分らないので,少し用心した結果である。
曉たちの席は,まさに天井桟敷。三階席の後部で,オーケストラを真上から見下ろすような席だった。
オーケストラは聴くものであって,見るものではない。
オーケストラを上から見ようが,横から見ようが,それはどうでもいいのだが,今回のコンサート,曉にとっては,いまひとつ音楽に集中できず,悔いの残るものとなった。
というのは,まずオーケストラの演奏の間(時には,演奏中)に,ドラマ「のだめカンタービレ」を再現したお芝居をするのである。
曉は,「芝居をする時間があったら,音楽を聴かせろ!」と叫びたくなった。
そして,曉たちの前の席の人がマクドナルドのフライドポテトをムシャムシャと食べ,後ろの席のカップルは,熱愛中なのは結構なのだが,音楽そっちのけで,ひたすらおしゃべりをしてくれるのである。
臭いと雑音のために,ワイフも相当イライラしていたようで,もう少しで髪の毛を逆立てたスーパーワイフに変身してしまうところであった。
たまにホールで音楽を聴くのもいいものである。
ただ,次回は,普通のコンサートで,なおかつもう少しいい席のチケットを買うことにしよう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『春節』
2008-02-07 Thu 09:36
中国で二度目の春節(旧暦の正月)を迎えた。
昨夜の花火は昨年同様すごかった。
窓の外を見ると,マンションの前の道の真ん中で,車の通行などお構いなしで,花火を上げている。
その花火は曉たちが住む部屋の近くで炸裂するので,花火の中で花火を見るというありさまである。
壮観は壮観なのだが,うるさいことこの上ない。
曉はある雑誌に頼まれた論稿の執筆に追われていたのだが,音だけを聞いていると戦場にいるようである。(こんなことを書くと,本当の戦場を知らないのに,知ったようなことを書くなと怒られそうであるが,,,)。
雪の影響で真っ白となった上海が,春節を迎え,赤色に染まった。

春節の光景

(写真 百貨店前の光景)

あちこちに赤色の提灯がぶら下がっている。
曉は,ワイフと一緒に,龍華寺にお参りに行くことにした。
龍華寺は,三国時代の呉の孫権が母親のために建立したとされるお寺で,清代に建て替えられたらしいが,上海で一番古い寺院と言われている。
同寺院は上海の中心から少し南西に離れた場所にあり,曉たちはバスと電車を乗り継いで行くことにした。龍華寺につくと,境内は人でごったがえしていた。

龍華寺①

(写真 龍華寺①)

足元をみると,入場券や,線香,そして何かの袋が散乱していた。
ゴミを捨てる人と回収する人の役割がはっきりしているのだろうか?などと考えつつ,仏様に願をかけてきた。この龍華寺,上海一の古刹だけあって,境内も広いし,仏様も立派である。特に,千手観音などは,その後ろの彫刻も含めて素晴らしいと感嘆した。

龍華寺②

(写真 龍華寺②)

次回知人友人の案内をするときは,この龍華寺もコースに入れることにしよう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『大雪災害』
2008-02-01 Fri 10:35
1週間ほど前から降り出した雪は今日も降り止まない。
みぞれのようで,ダストのように小さい雪のためか,堆く積もることはないが,上海は一面真っ白な雪化粧である。
貴州省や湖南省では,送電がとまり,大きな被害が生じている。
政府の関心も高く,温家宝首相などは迅速に動き,交通機関が麻痺している中,なんとか被災地に行こうとしている姿が各メディアで報道されていた。
今朝,東方早報(新聞)を買ったのだが,一面は外灘のライトアップを暫時止めるという記事だった。電力事情で苦しむ,貴州や湖南に協力をするという趣旨なのだと思う。
旧正月前,故郷に帰る人が多いこの時期に,このような大雪とは,老天(神様)も酷なことをするものである。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。