The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『春節』
2008-02-07 Thu 09:36
中国で二度目の春節(旧暦の正月)を迎えた。
昨夜の花火は昨年同様すごかった。
窓の外を見ると,マンションの前の道の真ん中で,車の通行などお構いなしで,花火を上げている。
その花火は曉たちが住む部屋の近くで炸裂するので,花火の中で花火を見るというありさまである。
壮観は壮観なのだが,うるさいことこの上ない。
曉はある雑誌に頼まれた論稿の執筆に追われていたのだが,音だけを聞いていると戦場にいるようである。(こんなことを書くと,本当の戦場を知らないのに,知ったようなことを書くなと怒られそうであるが,,,)。
雪の影響で真っ白となった上海が,春節を迎え,赤色に染まった。

春節の光景

(写真 百貨店前の光景)

あちこちに赤色の提灯がぶら下がっている。
曉は,ワイフと一緒に,龍華寺にお参りに行くことにした。
龍華寺は,三国時代の呉の孫権が母親のために建立したとされるお寺で,清代に建て替えられたらしいが,上海で一番古い寺院と言われている。
同寺院は上海の中心から少し南西に離れた場所にあり,曉たちはバスと電車を乗り継いで行くことにした。龍華寺につくと,境内は人でごったがえしていた。

龍華寺①

(写真 龍華寺①)

足元をみると,入場券や,線香,そして何かの袋が散乱していた。
ゴミを捨てる人と回収する人の役割がはっきりしているのだろうか?などと考えつつ,仏様に願をかけてきた。この龍華寺,上海一の古刹だけあって,境内も広いし,仏様も立派である。特に,千手観音などは,その後ろの彫刻も含めて素晴らしいと感嘆した。

龍華寺②

(写真 龍華寺②)

次回知人友人の案内をするときは,この龍華寺もコースに入れることにしよう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。