The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『中国のプライバシー』
2008-04-16 Wed 17:47
不法行為法のクラスで,中国人研究生4名と一緒に「公的人物(政治家や芸能人等)のプライバシーの保護と限界」というテーマで,発表をした。
他の4名の研究生が各国の情況や中国の現状を説明し,曉は日本法の情況を説明するという役回りとなった。
この役回りは,不法行為法のクラスを受け持つ先生が,曉に対して,日本法の情況を他の中国人研究生に紹介して欲しいと言ったため,他の4人の研究生とは別枠で発表をしなければならなくなった。
上海にいては,なかなか日本の文献は入手できない。
とはいえ,一応日本を代表している以上,いいかげんな発表はできない。
悪いなあとは思いつつ,幣所のI弁護士やセクレタリーのNさんやHさんに協力を要請し,どうにかこうにか論文と発表用のパワーポイントの資料を作成した。
これまで,中国人研究生の発表を聴いてきて思うのだが,彼らの発表には共通点がある。
それは,真面目に文献を調べて,各国の情況や沿革,概念の説明を丁寧にするという点にある。
社会人経験がないから,実践的な側面が軽視されるのは,仕方がない。
曉は,彼らと同じことをしても面白くなかろうと,沿革や概念の説明は簡単にし,実際の案件において,どのように権利と権利の調整がなされるのかという点に力点を置いて,発表した。
曉の言いたいことは,概ね彼らの理解を得たと思う。
発表後,曉はさすがに疲れた。
発表後の講評(他の研究生が,その日の発表を講評する。質問が出た場合には,発表者は回答しなければならない。),少しは手加減するだろうというほのかな期待を抱き,頭を休めていたところ,しっかり幾つか疑問点を提示してくれた。
中国の朋友,手加減なしの愛の鞭,ありがとう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。