The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『勘違いが育んだ愛』
2008-12-31 Wed 00:03
28日から上海に来ている。
こう見えても,曉は結構忙しい。
親しくしていただいている若手中国法研究者T先生も
同じ時期に上海に滞在していると聞いていたので,
ワイフ同伴の4人で夕食をご一緒することになった。
T先生の奥さんは,中国人なのだが,
共通の友人であるM君から
「あんな素晴らしい中国人女性はいない。」
とさんざん聞かされいたので,前々から一度お会いしたいと考えていた。
実際,会って見ると,想像以上に,
美しく,人間味があり,そして面白い人だった。
二人の馴れ初めが面白い。
90年代前半,T先生は上海に留学をした。
中国語をまじめに勉強しようとしてT先生は,
知人の中国人に
①日本語を話せないこと
②男性であること
を条件に良い中国語の家庭教師を紹介してほしいとお願いした。
(曉も,①日本語を話せないこと,②男性であること,③優秀であること,
④大学院生であるといったことを条件に家庭教師の紹介をお願いしたことがある。)
しかし,ここで月下老人(中国版キューピッド)はいたずらをする。
T先生に家庭教師の紹介を頼まれた中国人は
その条件に合う人を探したのだが,
時期的に卒業前ということもあって,男子学生はみな学外でアルバイトに精を出していた。
困ったその人は,自分の友人,そしてその友人はまた自分の友人に
T先生の家庭教師の紹介を頼んだのだ。
その結果,T先生に目の前に現れたのは,
T先生が提示した条件を一つも満たしていない
日本語に堪能な女子学生(今の奥さん)。
T先生の奥さんは,卒業前の時間をのんびりすごそうと
学生寮で本を読んだり,音楽を聴いていて,
家庭教師をするつもりなど全然なかったのだが,
日本語会話の練習になると言われて,
T先生と定期的に会って会話の練習をすることになったらしい。
伝言ゲームの結果,T先生が提示していた条件が,
まったくすり替えられ,最後は「日本語会話の練習ができる。」
まで変わるとは。
T先生とその奥さんが,勘違いがあることに気づいたのは
出会ってから1年後だったらしい。
しかし,中国語を学ぼうとする日本人男性と日本語会話の練習をしようとする
中国人女性が「おかしい?おかしい?」と思いつつ,
語学の勉強をしていたというのは,
結局双方惹かれあっていたからだろうなと,曉は思う。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。