The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ただいま!日本』
2009-01-18 Sun 20:17
曉は昨年7月に帰国したが、
ワイフは一人上海にのこり、さらに半年留学生活を続けた。
しかし、曉家の中国留学物語も今日で終わりである。
この物語は序章からトラブル続きだったが、
最後の最後で、またあやうくトラブルに巻き込まれそうになった。
というのは、こうである。
ワイフは中国で二胡を習っていたのだが、
日本でも二胡を弾きたいと、原産地証明付きの二胡を買い、
税関に行って、税関を通すために必要な書類を集めた。
(二胡は蛇か何かの皮を使っているため、輸出入が厳しく規制されている)
空港で、出国手続きをするまえ、あきらかに税関の申告受付と思われる場所に行き、
二胡を国外に持ち出すことの許可を得ようとしたところ、
「ここではない。あっちの窓口(出国審査窓口)に行け。」と言う。
おかしい。
中国側できちんとした手続きをしておかないと
日本に持ち込むことはできない。
出国審査窓口に並び、ようやく自分たちの番にきたときに、
二胡の持ち出しについて、どこで申告をすればよいのかと聞いたところ、
さきほど、曉達が行った場所を指さされた。
少々ブチ切れたワイフは、先ほどの受付の若いお兄さんに
かなりきつい口調で、ここで申告をしなければならないのではないかと
問いただす。
無表情な若者は携帯で上司(女性)を呼び、
その上司が書類に目を通し、ハンコを押して、手続き終了。
問題の若者は、新人で、自分の職務をよくわかっていないため、
申告をきちんと受理せず、そのまま出国者を通していたようなのだ。
おそらく、世界各地で、中国で購入した物を自国の税関で没収された
人が少なからずいるにちがいない。
おかしいなと思ったら、必ず確認する。中国では、こうした姿勢が必須である。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『都の西北』
2009-01-14 Wed 22:44
曉は東京に飛び、W大学法学部の一年生に90分の特別講義をした。
これは、ある学会の懇親会に参加したとき、
W大学のT先生から、
「曉先生のようなチャレンジャーな面白い弁護士はなかなかいません。」
「ぜひ、学生たちに話をしてください。いい刺激になると思います。」
と言われ、酔った勢いもあり、快諾してしまったのだ。
一度約束した以上、男として約束を守る、
これが曉のモットーである。
飛行機で日帰りで東京に行き、18歳、19歳という若い学生たちに
中国のこと、法律学のこと、弁護士業について、
講義をしたのだが、刺激をもらったのは曉の方かもしれない。
自分が学生のときのことを思い出し、
あれからすでに18年、、、、、少年老い易く、学成り難し、、、、。
一日一日大切に生きようと、改めて心に誓った次第である。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『初乗り』
2009-01-10 Sat 10:44
曉は山も好きだが、海も好きである。
何といっても、生まれが三重の熊野。
熊野灘を毎日眺めて育ったのだから、当然。
Pさんからヨットの初乗りがあるから来ないかと言われ、
今日片付けようと思っていた仕事があったのだが、
「まあ、連休だし、たまにはリフレッシュも必要か。」
などと、自分に言い訳をして、参加。
Pさんたちのヨットには、中国に留学する4年前にも、
一度乗ったことがある。
本年はじめてのセイリングということで、
大阪南港とベルポート芦屋の往復と
船長のNさんやPさん達にしてみれば、ちょっとした肩慣らしといった
程度のセイリングである。
天気は曇り、時々雪や霰が降るといった具合で
とにかく寒い。
しかし、ときどき雲の隙間から日が差し、
海面がキラキラと輝く光景はなんとも素晴らしい。
きらめく海
寒い時は、少しお酒を飲むにかぎる。
皆で日本酒の熱燗や温めたウィスキーを飲んで、
寒さをしのぐ。
正午過ぎに、ベルポート芦屋に到着。
ベルポート芦屋
ここで、昼食をとって、折り返し。
午後4時ごろ、大阪南港にたどり着き、
銭湯でひと風呂あびて、皆とそのまま中華料理店で新年会。
今日は本当にいい休暇となった。
大きな海にでると、些細なことなど気にかけることがバカらしくなる。
海はやはり曉のパワーの源泉である。





別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
『捨てる神あれば,拾う神あり』
2009-01-02 Fri 21:10
年末の30日から老母が上海に来ている。
たまには親孝行をしようと,元旦から二泊三日で
杭州,蘇州を案内することにしたのである。
1日は,上海南駅から中国版新幹線に乗って,杭州に行き,
西湖を船で遊覧し,名刹霊隠寺,名泉虎跑泉を見て回った。
今日は,新幹線で杭州から上海南駅にもどり,
地下鉄で上海駅に移動し,そこから南京行きの新幹線に乗って,
蘇州に行く予定だったのだが,,,。
やはりそこは中国,そう簡単には思い通りにはならない。
上海南駅には予定通り到着したのだが,
地下鉄の連絡がうまくいかず,また上海駅の駅前は人で溢れかえり,
予定していた新幹線に乗り損ねてしまった。
しかし,今日は中国も休日で,汽車や長距離バスのチケットなど
とれるはずもない。窓口のお兄さんは「一昨日来やがれ。」というような
顔である。
友人のC律師に蘇州のレストランを手配してもらっていたので,
C律師に蘇州到着が遅れることを伝えると,
ハイヤーを手配してくれた。
おかげで,曉一行は予定に遅れること1時間で蘇州に到着することができた。
車中,曉の老母は「C先生は神様だねえ。」と言っていたが,
C律師の助けがなければ,中後半端な旅行となってしまうところだった。
非常感謝C律師,我難忘今天的恩徳。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。