The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ブラインド・マッサージ』
2007-06-30 Sat 17:11
蒸し暑い日が続いたので、髪を少しカットすることにした。
ワイフも通っている韓国系の理容室に行くことにした。
たまたま理容師が少なかったのか、髪を洗ってもらった後しばらく待つことになった。その間、見習いの男の子がサービスでマッサージをするというので、特に必要もなかったのだが、無料というのでやってもらった。ところが、これがかなり下手で、体がおかしくなってしまった。もともと肩が凝ったり、腰が痛くなったりしない体質で、大阪で働いているころも、およそマッサージとは無縁の生活をしていた(きちんと働いていたのだが、、、)。
こうなったら、きちんとしたマッサージ師に按摩してもらって、この変な違和感を治してもらおうと、日本人留学生のM氏がなかなか良かったと言っていた家の近くにあるブラインド・マッサージに行ってみた。
ブライド・マッサージとは、マッサージ師の大半が目の見えない人というマッサージ店である。上海には、外国からの旅行客或は駐在員相手の豪華なマッサージ店も少なくないが、今回曉が行ったマッサージ店は小さく、非常に質素な感じの店であった。
ブラインド・マッサージは一般のマッサージ店に比べて、料金が少し安い。おそらく、3割ぐらい安いのではないだろうか。この店も、足ツボマッサージ1時間50元(750円)、全身マッサージ1時間50元、セットだと2時間80元(1200円)と安い。
しかしである。マッサージ師の技術は相当のものであった。同行したワイフに言わせると、友人が上海に遊びに来るたびに、有名なマッサージ店に案内したが、今回のマッサージ店が一番ということである。ツボの押さえ方、そして力加減が絶妙であるというのだ。
日本でも、目の不自由な人が鍼灸や按摩で生計をたてるということはよくきく話である。目の不自由な人が自力で生きていくということは決して楽なことではない。目が見えない分、指の感覚が研ぎ澄まされているということもあるのだろうが、これで生きていくんだという強い決意が、かれらの技術を高めているのではないかと思う。
一生懸命生きていこうとしている人を見ると、ついつい感心してしまう曉は、とりあえず明日から、否今日から心を入れ替え頑張ろうと誓った。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『中国における合意の意味』 | 暁弁護士の中国日記 | 『技術の進歩は素晴らしい』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。