The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『中国はリサイクル社会?』
2007-07-19 Thu 15:37
華東政法大学の研究生教育院(つまり大学院)は8月末まで夏休みのため、曉は毎朝バスと地下鉄を乗り継いで、Mコンサルティングに出社している。
地下鉄の乗る際には、駅構内にて無料で配布されている新聞(「時代報」)を手に取り、記事に目を通す。周りに目をやると、出勤途中のサラリーマンやOLは、大体この時代報を読んでいる。ページ数もそれほど多くなく、スポーツや芸能関係の記事も多く、気軽に読めることもあって、かなり人気がある。

目的の駅で地下鉄を降り、改札口を出ると、そこには読み終えた時代報を回収しているオバサンやオジサンがいる。この時代報の回収競争はなかなか激しい。オバサン達はそれぞれ縄張りを持っていて、4~5メートルほど離れて立ち、共倒れにならないようパワーバランスを保っていたのだが、何処にも横紙破りをする人はいるものである。
曉が毎朝下車する駅に、少し仲の悪いオジサンとオバサンがいて、あるときオバサンが自分の縄張りを離れて、そのオジサンの前に陣取って時代報を回収し始めたから大変。オジサンは真っ赤な顔をして怒り(上海語のため、何を言っているかは分からない。)、オバサンが受取った新聞紙を横から奪い取るという暴挙に出た。後はエスカレートする一方、罵り合いながら、相手が一歩前にでたら、自分は二歩前進し、相手が二歩前進したら、自分は三歩前に出るといった具合に、どんどん前にやってきて、改札口の間近まで来て、時代報を奪い合っている。
オジサン、オバサン、元気なのは何よりだけど、そんなに前に出て来て立ちはだかったら、僕達改札の外に出られないよ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『広告に偽りあり』 | 暁弁護士の中国日記 | 『上海の夏はザリガニのシーズン』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。