The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『シンポジウム「物権法を考える」@東大』
2007-08-31 Fri 16:16
大学院の休みを利用し、東京にやって来た。
今日東大で開催されるシンポジウムに参加するためである。
テーマは最近制定された中華人民共和国物権法、以前から非常に関心のあった法律だ。このシンポジウム、何がすごいのかと言うと、参加者の顔ぶれがすごい。日本側からは星野英一先生、北川善太郎先生、加藤雅信先生、近江幸治先生をはじめとする日本を代表する民法学者、中国側からは、物権法の制定に関わった梁慧星先生、孫憲忠先生といった、これもまた中国を代表する民法学者達である。
このシンポジウムは東京大学の山上会館で開催されたのだが、なにぶん東大のキャンパスのことはよく分からない。宿泊先を早めに出発し、まず会場の下見をすることにした。
ところが、思いのほか早く山上会館に辿り着き、時間を持て余すことになってしまった。開会の時間まで近くで時間を潰そうと、引き返そうとしたときに、会館の前でK先生にばったりお会いした。K先生は東大の博士号を持つ優秀な律師だが、今回は中国側の通訳兼引率としての参加。シンポジウム前にK先生に遭遇し、その後一緒に行動したために、あれよあれよと訳もわからないうちに、記念の集合写真にも顔を出すはめになってしまった。

シンポジウムの内容は、非常に充実したもので、目の前で繰り広げられるハイレベルな発表、コメント、質疑応答に興奮すら覚えた。
日本を代表する映画監督の○○氏や有名な女優を目の当たりにしても、特に何も感じなかった曉も、日中を代表する学者の前では、追っかけのファンに等しい。シンポジウム後の懇親会で、星野英一先生と梁慧星先生にお願いして、両先生の書籍にサインと激励の言葉や好きな言葉を書いていただいた。
所長も、仕事の関係で東京に来ていたことから、今日のシンポジウムに少し遅れて参加したのだが、法律書の中に出てくる有名な法学者達が一堂に会しているのを見て、いたく感動したようだ。ミーハー度では、曉といい勝負だった。
世の中には、知的モンスターとでも言うべき人達がたくさんいるものだ。人間、いつまでも謙虚であるためには、たまにはそうしたモンスター達の中に飛び込んで、自分の力など高が知れているということを思い知る必要がある。また、そうすることによって、また明日から頑張ろうという意欲がわいてくるようにも思う。

あとで知ったことだが、記念撮影のときの模様がNHKのニュースで放送されていたようである。曉も映っていたらしい(確かに、NHKの撮影クルーが東大に来ていた。)。
ワイフの両親がテレビを見ていて気付き、録画したという。しかし、すさまじい反射神経である。曉が日中の法学者の中に紛れ込んでいることに気付くだけでも十分すごいと思うが、録画までするとは。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
<<『違いの分る男』 | 暁弁護士の中国日記 | 『日中経営実務法シンポジウム@華東政法大学』>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-07 Fri 08:55 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。