The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『扇子商法』
2007-10-31 Wed 17:24
「扇子商法」(和田亮介著・中公新書)を読む。
この本は,大阪船場の傑出した商人であった和田哲夫氏の商いに対する考え方を孫の和田亮介氏が書き綴ったものである。400年以上の歴史を誇る大阪船場で,戦前戦後と厳しい競争を生き抜いた和田哲夫氏の考え方は非常に示唆に富む。特に印象に残った一節は,和田哲夫氏は会社の利益や売上の増大などは眼中になく,ただただ企業の永遠性を目指したという点である。
市場で熾烈な競争を繰り広げる企業は,規模の拡大或は経営の合理化の観点からM&A(企業合併,企業買収)の検討,若しくは会社を乗っ取られないよう買収対策を考えなければならないのが現状。
M&Aは投資の一手法として中国においても脚光を浴びているが,日本においても非常に盛んである。
特に最近は敵対的買収も珍しくない。
この敵対的買収の場面において,必ずと言っていいほど議論されることがある。それは,会社は誰のものかという古くて新しい議論である。
法律的に言えば,会社のオーナーは出資者である株主ということになると思うが,社会経済的の視点からみると,会社は株主だけのものではなく,従業員や取引先を含む会社を取りまく利害関係人のものでもあるとも言えるかもしれない。
和田哲夫氏は,企業は企業に関わる人の生活の一部であり,企業の永遠性を目指すことによって初めて,これら利害関係人の信用を守ることができると考えていたのではないだろうか。
この本を通じて,企業経営の原点を再認識したように思う。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『便りのないのは良い知らせ?』 | 暁弁護士の中国日記 | 『御仏のこころ』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。