The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『お客様は神様?』
2007-12-11 Tue 10:23
毎月1回,上海在住の弁護士や法務マンを中心に勉強会を行っている。
今月は12月ということで,勉強会後,忘年会を行った。
上海ではAという日本式居酒屋がよく知られているが,いつもAでは面白くなかろうということで,陸家嘴のショッピングモールの中にある日本式居酒屋Bを予約し,Bで忘年会を行うことにした。勉強会が終わったのは午後8時40分,Bには午後9時ごろ入店した。
インターネットで調べたときには,ラストオーダーは午後10時だったはずなのだが,午後9時20分ごろ店員がやってきて,ラストオーダーは午後9時半であること,支払いはラストオーダー後すぐにして欲しいと要求してきた。
忘年会に参加した勉強会のメンバーは一同冷や水をぶっかけられたような思いをいだき,反論続出。蜂の巣を突付いたような騒ぎとなった。
閉店時間は午後11時なのだが,店員は午後9時40分ごろまでに今日一日の売上を計算してしまいたいと考えているようだった。日本人の感覚からすると,閉店後に当日の売上を計算するのが常識だと思うのだが,今回利用したBの店員はそう考えていないようだ。
料理の味は悪くないのだが,入店した午後9時の時点で,お客はまばら。
客が少ないから,店員自身の都合を客に押し付けるのか,それとも逆に店員側の都合を押し付けるから客が減るのか,そこはよくわからない。
しかし,中国のごく普通の料理店でも,食事の最中に支払を要求されたことはない。
飲食業界の競争は,ここ上海でも非常に厳しい。
陸家嘴のB,大丈夫だろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『日中交流会』 | 暁弁護士の中国日記 | 『一日年上の兄貴』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。