The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『知らぬ間に紛失届け』
2008-07-02 Wed 17:55
曉は久しぶりに不可思議なトラブルに巻き込まれた。
事態はこうである。

今日はC君と一緒に大学の図書館に行き,過去の修士論文や博士論文などの文献検索システムを教えてもらうことにした。これまで,図書館所蔵の本を閲覧することはあったが,過去の論文を検索したことはない。今後は,出張で上海に来た時に,空いた時間を利用して大学の図書館に行き,文献収集をしなければならない。
C君と朝9時半に待ち合わせをし,一緒に図書館に入る。
ここまでは問題はない。
しかし,4階の検索システムのある部屋には入れない。事情を聞くと,曉の図書館カードは挂失状態(紛失届けが出されている状態)だと言うのだ。
どうも,曉は留学生のため,他の研究生とちがって,国際交流センターが図書館カードを作ったものだから,少しおかしなことになったようだ。図書館の弁公室(事務所)のおばちゃんが,処理するためには,カード作成時の押金(保証金)の領収書がいると言うので,
家に帰って,なんとかその領収書を探し出し,再び大学に向かう。明日から大学は夏休みに入るため,曉も必死である。
しかしである。
午前11時に事務所に戻ってきたにもかかわらず,担当のおばちゃんはいない。
早々にお昼を食べに出かけてしまったのだ。C君は,今日は特に用事はないからといって,曉と一緒に担当のおばちゃんが帰ってくるのを待ってくれた。
午後12時半,午後1時,午後1時半,三回事務所に様子を見に行ったが,まだ帰ってこない。
「一体,いつまで昼飯を食べているんだ!」と毒づく曉に対して,C君は「まあ,こんなもんだよねえ」といった感じで涼しい顔。
C君と再び待つこと30分。午後2時に担当のおばちゃんは戻ってきた。
おばちゃんは悪びれもせず,曉から領収書を受取ると,ニコニコ笑いながら,電話を一本かけ,今回のトラブルを処理した。そんな,あまりに簡単な,,,。
しかし,「挂失」の状態(紛失届けが出ている状態)というが,本人以外の誰が紛失届出を出したというのだ。

この間まで,図書館で法律書を閲覧していたというのに。「一本連絡ぐらいくれよ」と思うのは,やはり曉が日本人だからだろうか。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
<<『北京に始まり,北京に終わる』 | 暁弁護士の中国日記 | 『稽古納め』>>
この記事のコメント
やっぱり日本人なんだろうと思います。
 お久しぶりです、御手洗です。
 あーやっぱりこんな事を経験しちゃいましたか。
自分の時は、「え?もう帰国しちゃったことになっている
よ?おかしいねぇ」なんてことがありました。その場で
まずいことがあるとちゃっちゃっとその場を凌ぐクセがあ
るのかもしれませんね。しかし、これ、逆に言えば、それ
を許さないシステム構築が、日本社会ではより浸透し
ている表れなのかも知れませんよね?なお、そこの学生
用の図書館ではなく、教員用の図書館の職員の方と
仲良くなっておくと、何かと便利です。例えば、検索して
見つかったとしても、学部生用の図書館にはない、という
ことが往々にしてありましたので。
 それでは、また!
2008-07-03 Thu 23:18 | URL | yushouxi #SFo5/nok[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。