The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『捨てる神あれば,拾う神あり』
2009-01-02 Fri 21:10
年末の30日から老母が上海に来ている。
たまには親孝行をしようと,元旦から二泊三日で
杭州,蘇州を案内することにしたのである。
1日は,上海南駅から中国版新幹線に乗って,杭州に行き,
西湖を船で遊覧し,名刹霊隠寺,名泉虎跑泉を見て回った。
今日は,新幹線で杭州から上海南駅にもどり,
地下鉄で上海駅に移動し,そこから南京行きの新幹線に乗って,
蘇州に行く予定だったのだが,,,。
やはりそこは中国,そう簡単には思い通りにはならない。
上海南駅には予定通り到着したのだが,
地下鉄の連絡がうまくいかず,また上海駅の駅前は人で溢れかえり,
予定していた新幹線に乗り損ねてしまった。
しかし,今日は中国も休日で,汽車や長距離バスのチケットなど
とれるはずもない。窓口のお兄さんは「一昨日来やがれ。」というような
顔である。
友人のC律師に蘇州のレストランを手配してもらっていたので,
C律師に蘇州到着が遅れることを伝えると,
ハイヤーを手配してくれた。
おかげで,曉一行は予定に遅れること1時間で蘇州に到着することができた。
車中,曉の老母は「C先生は神様だねえ。」と言っていたが,
C律師の助けがなければ,中後半端な旅行となってしまうところだった。
非常感謝C律師,我難忘今天的恩徳。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『初乗り』 | 暁弁護士の中国日記 | 『勘違いが育んだ愛』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。