The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『少年の国』
2009-12-30 Wed 14:04
ふと気付くと、2か月も更新していない。
10月から年末にかけて、
何が何だか分からない忙しさに追われていたが、
12月21日から期待の新人2名(斎藤君と玉井君)が
弊所に参加してくれたので、
再びブログを書く余裕ができるものと期待している。
さて、年の暮、これほどまでに将来の希望のもてない
年末は最近なかったのではなかろうか。
成長する新興国を脇目に、日本経済には暗い話ばかりである。
しかし、曉は思う。
これまで日本が乗り越えてきた苦境に比べれば、
現在の日本の状況は、まだましである。
最近、NHKの「坂の上の雲」というドラマを見ていたが、
明治の日本は、「少年の国」で、「まことに小さい国」だった。
欧米列強、そして大国清に囲まれた日本は
必死で、涙ぐましい努力を積み重ねて、生き延びた。
今、日本は、世界第2位の経済大国を返上し、
新たな自分の立ち位置を見定めなければならない時期を迎えた。
我々が生き残るためには、何が必要か、
一人一人が真剣に考えなければならない。
首相の言動をみるかぎり、
とても、自分たちの命運を今の政府にゆだねることなどできない。

懇意にしていただいている経営コンサルタントのH先生が
ある有名な日本の経営者の言として
「百年に一度の危機と言うが、昔は芋しか食べれない時代もあったのだ。」
という話をされたことがある。
日本のポテンシャルは高い。「これしき、なにくそ。」と頑張れば、
今回の苦境は乗り越えることができるはずだ。
もとい、すこし精神論が先走りすぎた。
尊大にも、卑屈にもならず、
我々の立ち位置、将来のあるべき姿を冷静に考えなければならない
ことが、今の日本には必要ではなかろうか。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1
<<『四国が熱い』 | 暁弁護士の中国日記 | 『高野山』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
管理人の承認後に表示されます…
2009-12-30 Wed 15:09
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。