The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『イングリッシュネーム』
2006-09-18 Mon 10:23
曉はこの9月から会計士のM先生の事務所でお世話になる一方,華東政法学院の修士課程にて中国法を勉強することにした。
入学手続の際,自由に授業を選択していいと説明を受けていたのだが,仲良くなったクラスの班長に「自由に選択できるのは二年目以降で,一年目前期は5科目の必修科目をとらなければいけないよ。」と言われる。
始業早々に一発張り手をくらったようなものだが,曉は「おいおい,聞いてねえぞ。またかよ!」と心の中で叫ぶも,10秒も経たないうちに「悩んでも仕方がない。今何ができるかを考えよう。」と頭を切り替えた。
中国に来て既に1年。少々のことでは焦らない。

曉が所属するクラスの必修科目は,科学社会主義思想研究(中国人研究生は毎年受講しなければならない),基礎英語,物権法研究,法理論講義,そして民法専題研究。
どうも,まず半年間,民法を学び,後半の半年間は公司法(会社法)や知的財産権を学び,2年目からは自分の専門分野を研究することになるようだ。先週の木曜日,物権法の講義に出たが,「財産とは?」とか,「物とは?」とか,基本的なところから講義が始まった。
中国法を勉強する場合,どうしても最近の新法や頻繁に行われる法改正に目がいってしまうが,やはり基本中の基本,民法を理解することが必須。
ということで,曉は,中国民法の本を読みつつ,参考書として我妻栄(中国でも非常に有名。我妻栄の民法講義は中国語に訳されている。)の民法講義を読んで基本を確認することにした。

以前,聴講生として授業に出ていたころは,中国人の研究生(修士の学生を中国では研究生と呼ぶ)は見事にお客様扱いしてくれたが,同じ釜の飯を食う仲間となると,対応がガラリと変わった。
そうした環境の変化の影響だろうか,最近この学校の校風というものが見えてきた。
華政(華東政法学院の略称)は,勉強するもしないも学生の自由というところがあり,これは曉が在学していたころの京大の校風によく似ている。
気に入った!
そういえば,学生時代,若気の至りというか,エネルギーが有り余っていたというか,バイクを乗り回し,サークル(サッカー)の立ち上げに夢中になったこともあったなあ。30歳を過ぎて若気の至りでは話にならない。今回は,エネルギーを効率よく使うことにしよう。

さて,今日だが,朝から学校に行き,午前は科学社会主義思想研究を,そして午後は基礎英語を受講した。
科学社会主義思想研究という授業は,本来中国人研究生のためのもので,日本人の僕が受講しても特に意味はない。
3時間受講した後,教壇に行き,教授に「すこし用事がございまして,授業に出席できないことも多いとは思いますが,お許しください。」と言おうとしたところ,
「(留学生は)聴く必要はないよ。」とスッパとしたご回答。
教授との対話は2秒で終わってしまった。
それならそうと,入学手続のときに教え欲しかった。どの授業が必修なのか事前にきちんと教えて欲しいというのは,日本人留学生の甘えなのだろうか。

午後は基礎英語。
アメリカ人教師がアメリカの法制度について書かれた本を使って英語の授業をする。アメリカ人教師はゆっくり話をするので,ヒアリングに苦しむことはない。
しかし,質問されたときに英語で解答するのが一苦労。相変わらず中国語がでてしまうのだ。この病気は少し時間がかかりそうだ。

この英語の授業で面白いことを発見。
なんと中国人研究生は皆英語の名前を持っているのだ。
欧米人教師は漢字が読めないし,中国名だと名前を覚えにくいということが理由のようだ。
日本人と同じ顔をした中国人が,英語の授業のときだけ,やれ「テッド」だ,「フィリップ」だなどと名乗っているのを聞くと正直違和感をおぼえる。
アメリカ人教師に名前を聞かれた際,曉は「俺は日本人だ!親からもらったこの名前,何が悲しくて「テッド」などと言わなければならないのだ。」などと考え,「TAKUYA AKATSUKI」と答えると,教師は「エッ」という表情,回りの中国人はクスクスと笑う。
案の定,アメリカ人教師は曉の名前を覚えられず,「そこの君」と曉を呼ぶこととなった。

授業を受けながら曉は考えた。
「アメリカ人教師の便宜を考えて,彼が読みやすい名前を考えるとしても,自分の名前と関係のない「ボブ」とか「ジャック」といった名前は嫌だなあ。TAKUYAという名前だから,最初の三文字をとって「TAKKY」なんてどうだ。」と。
帰宅後,ワイフにそれを話すと,
「中国人は知らないからいいかもしれないけど,その名前が日本人に知れたら,大笑いされるわよ。」との指摘。
そりゃそうだ。どう考えてもTAKKYというガラではない。なら「AKATAK」というのはどうだ?
しかし,これもさらなる笑いを誘うことは必至。
欧米人が覚えやすい名前を考えるのも大変だ。彼らに努力してもらえばすむ問題だとは思うが,,。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『中国留学案内③』 | 暁弁護士の中国日記 | 『アジア法研究会』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。