The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『綱引き大会』
2006-09-22 Fri 15:09
授業後,この9月に研究院(修士課程)に入学した研究生の綱引き大会があった。
この歳になって,綱引き大会もあるまいとは思ったが,今後中国人のクラスメートの力を借りなければならないことがあるかもしれない。
何人かの中国人研究生とは仲良くなったが,他のクラスメートとは未だあまり話をしたことがない。
先ずは彼らに仲間として認知してもらう必要がある。
そこで,曉も老体に鞭打ち参加。

綱引き大会は,13のクラスによる勝ち抜き戦。
各クラス1チーム,男性8人,女性7人の15人が参加する。研究生(男性)は,中国に限る話ではないが,痩せている人が多い。
曉は生まれつき体がゴツイこともあって,出場選手に選ばれた。試合の際には,各クラスのエースが最前列に陣取るのだが,当初曉が最前列に陣取ることになりかけた。
しかし,エースはやはり中国人であるべきだ。曉は丁重に辞退し,逆に背が高く,マッチョなクラスメートをエースに推薦した。
ということで,曉は前列2番目のポジションで頑張ることになった。

試合は,三本勝負で,先に2勝したチームが勝ち残る。曉のチームは,一回戦,2連勝で一気に勝負を決める。
二回戦は初戦を落とすも,その後2連勝で逆転勝ち。
勝つたびにチームの仲間とハイタッチ,声をからして応援してくれているクラスメートとも肩を叩きあって勝利の喜びを分かち合った。
三戦目は,準決勝。
既に握力はない。背中や腰の筋肉にも張りを感じる。ふくらはぎにいたってはピクピクと痙攣している。クラスメートは20代と年こそ若いが,体を鍛えている人は少ない。
彼らも顔には出さないが,相当疲労が溜まっている様子。
準決勝は,激闘となった。
初戦,いつ勝負がつくのかという持久戦が繰り広げられるも,負ける。
二戦目,試合開始とともに猛烈に引っ張り,勝利。
三戦目,またもや持久戦となり,接戦を繰り広げたが,最後に力尽きた。
試合を終え,ふと相手のチームに目をやると,後ろの方にとんでもない巨漢がいる。背こそ高くないが,体重は100キロ以上ありそうだ。彼一人で二人分,持久戦になれば強いはずだ。

結局,曉のクラスは,13チーム中3位の成績で,綱引き大会を終えた。試合終了後,助っ人外人の暁は静かに会場を立ち去った。
これでも曉は忙しい。
家に帰って,知的財産法学院の副学院長H先生から依頼された裁判例(日本の裁判例)の要点整理をしなければならない。
今は手に力が入らず,腰に張りを感じるだけだが,明日はきっとひどい筋肉痛に悩まされるに違いない。

「虎穴に入らずんば,虎子を得ず。」,

中国人のクラスメートと仲良くたるためには,それなりの努力が必要だ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1
<<『クラスでの自己紹介』 | 暁弁護士の中国日記 | 『S弁護士邸訪問』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
管理人の承認後に表示されます…
2007-08-06 Mon 00:03
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。