The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『中国のお年寄りはパワフルである』
2006-08-01 Tue 10:00
友人が中国に遊びにきたときには、早起きして公園に行くことを必ず勧めている。

それは、何故か?

早朝の公園こそ、中国らしさが溢れている場所であり、そして中国人のパワーを体感できる場所だからである。
昨年9月北京に留学したとき、健康のためにと太極拳のレッスンに参加することにした。レッスンは毎朝午前6時45分から始まるのだが、そのときには既に大勢のお年寄りが学校のキャンパスに集まり、各自太極拳、太極剣(剣を使う太極拳)、太極扇(大きな扇を使う太極拳)などの練習をしていた。北京の秋は短く11月になると朝の気温が氷点下になることも珍しくないのだが、この太極拳の練習は続く。
学校の行事で北海公園(故宮の北西にある大きな公園)に行ったときは、もっと驚いた。
公園内のいたるところで、大勢のお年寄りが、歌に、踊りに、太極拳にといきいきと活動しているのだ。なかには100人以上の人が輪になって歌い、輪の中で2、3人の年配の女性が踊るといったものもあり、その音量、活気にその場に暫く釘付けになってしまった。
こうした活き活きとしたお年寄りは、北京にかぎるものではない。
上海の魯迅公園でも、お年寄りが朝から歌に、踊りに、二胡(中国の弦楽器)の演奏、太極拳、そして京劇を興じている。
余生を謳歌しているお年寄りの姿は、見ていてこちらが楽しくなる。

日本はどうだろう?
退職したあと、様々な活動に勤しむ人もいると思うが、一般的には家にこもる人が多いのではないだろうか。

曉の老後はどうなるのか?
今はとても自分の老後のことを考える余裕などないが、日中の交流にかかわる仕事にいつまでも関わっていたいものである。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『中国人はバイリンガル』 | 暁弁護士の中国日記 | 『中国の洗礼』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。