The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『Mコンサルティングの新事務所』
2007-01-27 Sat 17:03
日頃お世話になっているMコンサルティングの事務所が移転することになった。
移転先は旧事務所から歩いて5分ほど,中国一の売上を誇る八百伴(ヤオハン)の斜向いに位置するオフィスビル。浦東新区の中心といえば陸家嘴(金融の中心地)だが,浦東で最も人通りが多く華やかなエリアといえば,ヤオハン近辺ではないかと思う。

 新事務所は旧事務所の1.5倍の広さがあり,天井もかなり高い。内装も一段と色鮮やかだ。日頃お世話になっているので,曉は朝から晩まで引越し作業が一段落するまでお手伝いすることにした。
荷物の運搬,机や本棚等の解体組立ては引越業者がやってくれるので,曉の仕事と言えば,まず夕方までは業者の仕事ぶりの確認,そして荷物が全て新事務所に搬入された後は,物品の整理を主に担当した。
今回オフィスの引越しを手伝い,オフィスの移転が如何に大変なものかがよく分かった。
まず引越し先のオフィスを確保し,レイアウトを考えなければならない。
デザインと機能性,これを如何に調和させるかという作業はそう簡単なものではない。内装が完了しても,引越が一苦労だ。複数の人間が一緒に仕事をしている以上,大きな物から細々した物まで多量の荷物があり,新事務所に搬入後はこれらの荷物を整理しなければならない。また業務に支障がでないようにするためには,引越し作業を休日の間に一気に片付けてしまう必要がある。

 陸家嘴には,上海ヒルズと呼ばれる世界一の高さを誇るビルが現在急ピッチで建設されている。来年2008年完成予定ということだが,完成した際には,多くの日系企業が事務所を移転することになるだろう。
上海ヒルズ以外にも,上海には建築中のオフィスビルは多い。オフィスビルの建築が続く限り,引越し業者やOA機器のリース業者などの仕事が尽きることはない。
やはり,上海の好景気はビルの建築を始めとするといった不動産関連業が牽引しているということなのだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『久しぶりの日本』 | 暁弁護士の中国日記 | 『中国の労働者保護強化の動き』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。