The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『民法国際会議Ⅱ』
2007-04-08 Sun 17:18
昨日,特にスーツを着なくてもよいということが分ったので,今日はジャケットにGパンという気軽な格好で参加。昨日同様,8時15分ころ会場に着くと,昨日より参加者が多いように感じた。聞くところによると,午前第一組の中には中国政法大学終身教授の江平先生がいることがその原因らしい。江平先生は,中国で法律を学び研究している人で知らない人はいないという著名な先生である。過去,民法通則,公司法(会社法),信託法の立法にかかわった中国民商法学会の重鎮で,76歳の高齢であるが,矍鑠としている。
報告発表も,短いが,先日公布された物権法の問題点を四つのポイントに絞り,非常に分りやすく説明をされた。質疑応答は,今回の国際会議でもっとも白熱したものとなったが,質問に対して,一つ一つ丁寧に適格に回答されていた。見事と言うしかない。
質疑応答の後は,中国の学者や若い研究生が江平先生の前に殺到し,記念写真をお願いしていた。まるで芸能人であるかのような人気ぶりである。かくいう曉も,ツーショット写真を撮らせていただいた。江平先生は,背は高くないが,非常にがっしりとした厚みのある体をしていた。声もなんとなくドスがきていて,体中からエネルギーが溢れ出ているといった感じだ。「このお方は,怪物だ。」と正直思った。さすが中国,あまたの英傑を生んだ国だけのことはある。優秀な人材はそれこそ星の数ほどいるということか。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『可哀相な中国の賃借人』 | 暁弁護士の中国日記 | 『民法国際会議』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 暁弁護士の中国日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。